セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

杏奈のバルセロナ日記(帰国編)

bailetodo
10日間バルセロナGRANERでのレジデンスを終え、
無事に東京に帰ってきました。
行きは長く感じた約20時間の旅路も、
帰りはいろいろなことを思い出していたらあっという間でした。


スリが多いというバルセロナですが、
そういった危険な目にあうことも一切なく、
無事に帰ってこれました。
たくさんの人に会って、友達もできました。
また必ず会おう、と言って、別れました。

帰る前には、GRANERの自分の部屋でソロ作品のショーイングもしました。
同年代のダンサーや、Mercat de les Flors劇場の方、
私がこの旅で大好きになったフラメンコダンサーのJuan Carlosさんなど、
12人もの人達が見にきてくれました。

皆さん喜んでいただいたようでなんとか、良かったです。
近所に素敵な公園があってそこでも勝手に少し踊りました。

annaparque copy

今の自分には、
滞在中はなるべくそこに住む人たちの生活を自分もやってみることが大事なのでは、と直感で思い、
スーパーで買い物したり料理したり家計簿つけたり、
洗濯掃除散歩
地図を見ない
日本語は使わない(通じない)
不思議とだんだん順応している自分がいました。

吸収、できたのかどうかは分からない。
ただ浴びまくって、
その巨大な存在の前に
ありきたりだけど自分自身の小ささを都度かんじました。
細やかなことも
大胆なことも
どうしたら大事にして保ち守ることができるか。
受け取ったものをどうやって繋いでいけるか。
私自身にかかっています。

この街が大好きになりました。
住んでしまいたいくらいです。
今の夢は、Mercat de les Florsの舞台に立つことです。
素晴らしい劇場でした。

スペインには「ANNA」という名前の方がたくさんいます。
みんな私に会うまで日本人と信じなかった、と言っていました。
両親が、世界に出ても多くの人に愛されるように、と付けてくれた由来の意味が初めてこの旅で分かった気がします。
この名前も大切にします。
少しだけ自分に自信が持てたような気がします。

botella copy

ここまで私をつないでくれた、
すべてのことに感謝します。

 読んでくださっていた皆様、
本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします!

Gracias!
Ciao!!

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es