セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

第5期 アンデス文化講座のご案内

andes
第5期 アンデス文化講座
開催日:2015年10月6日~12月22日(全6回)

*詳細はこちら
http://tokio.cervantes.es/jp/spanish_courses/spanish_culture_courses.htm

アンデス文化講座も、お陰様で第5期を迎えました。これまで、様々な題材を取り上げてきましたが、講義テーマは、これまで同様、受講生の要望を取り入れながら決めていきます。また、初めて参加される方にもご理解いただけるよう、これまでの講義でお話したことでも、重要なポイントは繰り返しご説明しますので、ご興味のある方は是非、ふるってご参加ください!

今期第1回の講義では、日本でもよく知られているEqeqo(エケコ人形)と、アンデス各地で時空を超えて語り継がれてきた創世神話に登場するlos Héroes Civilizadores(文明化の英雄たち)との関係をひも解きます。

また、第2回は、これまでにも取り上げたことのある、Campos de Poder Circumlacstres(湖周辺のパワー・スポット)を取り上げます。石像や陶器、織物などの図柄や、zonas circumlacustres(湖周辺地域)の儀礼・祭礼センターを見れば、現在の有名な観光地にも、神話や伝承が息づいていることがわかるでしょう。

その後の4回の講義テーマは、すでにこの講座のスタイルになっているように、受講生の皆さんに決めていただきます。講師は、アンデスの言語を介して、アンデス文化を内在的視点から学際的に研究していますので、皆さんからの多様な要望にお応えできますよ!

<これまでの講座>
第3回:2015年4月~7月(全6回)
以下のテーマで、現在も受け継がれているアンデスのお祭りや習慣・伝統を学びました。
・クルス・ベラクイ:十字架の祭礼(5月3日)
・アンデスの祭礼と、神聖な音楽・ダンス
・コジャスーユ:チチカカ湖周辺地域からアルゼンチン、チリに広がるインカ文明
・現代アンデスの習慣と日常生活
・コンティスーユ:アレキパ、タクナ、イカ、ナスカ。アンデスの織物・陶器の図柄とナスカの地上絵との関連。
また、講義中に用いられるケチュア語の用語を受講生が理解しやすいように、ケチュア語、スペイン語、日本語のGlosario Polígloto(多言語語彙集)を配布しました。

第4回:2015年7月~9月(全4回)

受講生のリクエストにより、以下のテーマを選定しました。
・アンデスの食べ物と飲み物:アンデス伝統の食材から、今や「世界無形文化遺産」となり、世界中で注目を集める現代ペルー料理までを概観!
・ケチュア、アイマラ、アマゾンにおける色と数の象徴学:アンデスの虹の旗や、4、7、8といった数に秘められた意味を勉強しました。
・インカの民族天文学と文化天文学:アンデスの天文学は、すでに何度も取り上げていますが、まだまだ奥が深いです。
・ワラチクイ:アンデスの成人式? 通過儀礼、そして青年教育でもあった伝統のお祭りを、ビデオを見ながら考察しました。

<Actividad Cultural:関山先生の個展に行ってきました!>

第1期アンデス文化講座にゲスト講師としてお招きした、関山京位先生の個展を、講座受講生の皆さんと見に行ってきました!
今回の個展は、9月8日~13日まで、恵比寿のギャラリーMalleにて、木版画を中心に、油絵と水彩の展示でした。
テーマは、México, Angeles, そしてフリーダ・カーロ! 素敵な作品の数々を、作者の関山先生と、アンデス文化講座のマリオ先生の丁寧な説明付きで、じっくり堪能してきました。

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es