セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ガリシアの日

ガリシアの日
9月に入り、皆さんの夏休みも終わられたころと思います。セルバンテス文化センターも通常に戻り、また新しい講座が始まります。新しいチャレンジにぴったりなこの季節、皆さんに耳寄りなお知らせです。セルバンテス文化センターでは、この10月からガリシア語のクラスを開講予定です。これまでカタルーニャ語とバスク語の授業がありましたが、今後はガリシア語も加わります。これで、スペイン国内の地方公用語は全て網羅されます。

ガリシアはイベリア半島の北東に位置し、歴史と文化のある自治州のひとつです。そこで今も大切に受け継がれている財産のひとつが、当地の母語であるガリシア語です。ガリシアは豊かな芸術と自然に恵まれているだけでなく、巡礼やケイマダ(蒸留酒に砂糖・レモンなどを加えた温かい飲み物)などの文化の発祥地でもあります。ガリシア地方の首都サンティアゴ・デ・コンポステーラでは、ロマネスク様式の美術・建築の傑作にも出会うことができるでしょう。この地方の首都と同じ名前を持つガリシア聖堂は、ガリシア地方やスペインの発展のうえで重要な役割を担ってきました。建築当初から現在に至るまで、サンティアゴの巡礼の目的地であるガルシア聖堂は、ガリシア地方とスペインの人々にとって、人々の交流によって生まれた高い芸術性や社会性を持つ重要な場所であり続けてきたのです。

セルバンテス文化センターでは、ガリシア地方についての情報をお届けしています。当館の図書室には、ガリシア地方の詩、歴史、文化や小説など、様々なテーマの蔵書があります。

9月8日(木)18:00からは、セルバンテス文化センター地下1階にて、ガリシア地方についてご紹介する「ガリシアの日」の催しを行います。入場は無料です。事前にご予約をお願いします。

「ガリシアの日」には、以下のようなプログラムが行われます。

  • ミニ講座「ガリシア語入門」
  • スペイン語講師マリア・メンデス氏による、ガリシア文化講座「サンティアゴ巡礼の道の歴史」
  • 美術学部卒で漫画のスペシャリストであるシルビア・サンチョ氏によるグローバルな観点での講義「ガリシア神話と日本の漫画の関係」「日本独特の美術表現である漫画」
  • ガリシアについての専門家、浅香武和氏による、日本語訳されているガリシア語作品についての講義
  • 石塚紀子氏のタンバリングループによる演奏
  • 会の最後には(ガリシア特産の食前酒)の試飲もご用意しています。

ガリシア語やガリシア音楽・文化・神話などに興味のある方は是非お越しください。お待ちしています!

文: Silvia Aguerri.
訳: 井出聖峰, Emiri Takashima.

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

フラグ

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2017. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es