セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

日本の漫画とスペインのコミック:手塚治虫と漫画誌『テヅコミ』を巡り出会う2つの世界。

インスティトゥト・セルバンテス東京にて、ケニー・ルイス、ケン・ニイムラ、カネコ アツシの3名のイラストレーターが、手塚治虫が世に残した作品について、そしてスペインと日本の漫画の間で交わされる相互的影響についての議論を展開します。

インスティトゥト・セルバンテス東京では11月26日、新しく誕生した漫画誌『テヅコミ』のイラストレーターたちを招き対談が行われます。日系スペイン人のケン・ニイムラが日本人イラストレーターのカネコ アツシと議論を交わし、それぞれの作品の間に見られる共通点を見出しながら、日本とスペインで用いられてきた伝統的な手法がどのように反映されているかを明らかにしていきます。これを機に東洋と西洋につながりが生み出され、この2つの漫画・劇画大国に見られる芸術的多様性が再確認さTezucomi 2れることとなるでしょう。

今回の対談は海外マンガフェスタの翌日に予定されているものですが、同フェスタには、スペインのコミックを数多く紹介するべくインスティトゥト・セルバンテス東京も参加します。対談はインスティトゥト・セルバンテス東京の地下1階オーディトリアムにて、スペイン語と日本語の同時通訳付きで行われます。

ケニー・ルイスの有名な作品としては『Dos Espadas』、『Telémaco』、『Magic 7』などが挙げられますが、最近では手塚治虫の作品『ぼくの孫悟空』の登場人物にもとづいたストーリーを描いており、日本でも11月5日に『テヅコミ』の第2巻を通じて発売されています。

今回の対談では、世界中のイラストレーターたちに影響を与え、現在の漫画を生み出す先駆者となった手塚治虫が間違いなく主役テーマの一つとなることでしょう。また、本年は手塚治虫生誕90周年にあたります。

スペイン人の母と日本人の父を持つケン・ニイムラは、幅広い知識をもとに漫画イラストの世界についての話を展開します。彼の作品『ヘンシン』や、アメリカ人漫画家ジョー・ケリーの『I KILL GIANTS』シリーズ向けに描くイラストは、さまざまな賞の受賞歴や栄誉獲得歴を誇ります。また、ケリーとは共にブラックジャックのスピンオフ作品を『テヅコミ』第1巻で出版しています。

一方、日本人イラストレーターのカネコ アツシは日本で広く知られているのはもちろん、一部の作品がフランス語、スペイン語、英語に翻訳されています。現在は手塚治虫の名作である『どろろ』を新しく描いており、そこにも西洋の伝統の影響が少なからず見受けられます。

ご予約は、こちらのリンクからお願いします:
https://peatix.com/event/451784/view

インスティトゥト・セルバンテス東京
東京都千代田区六番町2-9 〒102-0085
Tel 03 5210-1800 / e-mail: infotok@cervantes.es
2-9, Rokubancho Chiyoda-ku, Tokio 102-0085

BJheartless00

ケン・ニイムラによる、手塚治虫の「ブラックジャック」のスピンオフ画

本文 : ルイス・ア・ペレス

翻訳 : ヴィルジーリオ レイナ

シェアする

Twitter Facebook Google+ LinkedIn Del.icio.us Tumblr Del.icio.us

関連リンク

コメントする

© Instituto Cervantes 1997-2018. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es