セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

難破船が残した300の抱擁と1つの時計

今年、2018年で、スペインと日本は両国の友好通商航海条約によって結ばれた外交関係が始まって、 150 周年を迎えます。以前の記事で、私たちが今日焦点をあてた難破事故について、より具体的に言及し、これらの関係の起源についてお話ししました。

日本の内戦時代の後、徳川家康が日本を統一し、2 世紀以上にわたって続く時代に名を与えた江戸 (現在の東京) に首都を移したのは 1603 年の年でした。

その時代、スペイン帝国があったフィリピンの主要拠点、マニラは最も有名な一つです。このため、フィリピン近くの海で、スペインの船は頻繁に運航されていました。そのため、マニラから1609 年にサンフランシスコ、サンタ ・ アナ、サン ・ アントニオという名前の3 つの ガリオン船が新しいスペイン (メキシコ) へ向けて出航しました。

天候不良のため、他の二つの船と離れ離れになることを余儀なくされたサンフランシスコは、運悪くも、9月30日、大嵐の後、関東の海岸付近を漂流し、ちょうど千葉県の海岸沿い村、御宿の岩和田の海岸に漂着した。

船で旅行していた 373 人のうち、56人 がこの事故により死亡しました。しかし、他の 317人の 乗組員は救出され、岩和田の 300 人の村人によって助けられ、もてなされました。村の海女たち(魚介類を採る女性たち)が、低い水温とおそらくこの状況のストレスのせいで震えていた生存者たちを救出しました。、いくつかの情報源によると、彼女らは漂流者たちを親身に救出したようです。自らの肌で漂流者たちを温め、保護したのです。だからこそ、このエピソードは時に、«抱擁の難破船» と呼ばれています。

このような恐ろしい事故の後、 漂流者たちは、岩和田の村の近く、37日間を過ごした大宮の寺に滞在を許されました。フィリピンの元知事で破損した船の乗客であったロドリゴ ・ デ ・ ヴィベロは将軍、徳川秀忠に会うために江戸へ訪問し、後に彼の父、徳川家康を駿府へ訪問する許可を受け取りました。このため、ドン ・ ロドリゴは日本に滞在し、ガリオン船サンタ・アナでのメキシコへの旅あきらめることを決めました。

将軍との会談では、外交のいくつかの問題を見い出しました。ドン ・ ロドリゴは日本に存在する宗教的なキリスト教徒のために保護と自由を求めました。日本の王とスペインの王の間の友好関係を維持し育む必要性を繰り返しました。そして、最後に当時スペイン王国の敵であったオランダ人を追放するよう将軍に要求しました。

日本のリーダーは、最初の 2 つの要求をのむことには同意しました。しかし、最後の3つ目の要求には応じませんでした。なぜなら、オランダとは既に合意していたからです。この後に、将軍はメキシコへの旅を続けることが出来るようにロドリゴ ・ デ ・ ヴィベロに船の提供を申し出ました。2 ヶ国間の通商路はを開くために商人を連れてくるという唯一の要求と引き換えに。

ロドリゴ ・ デ ・ ヴィベロはスペインと日本の新しい関係につながる交渉活動が始められるように1年以内に船を提供するという条件でこの要求を受け入れました。

こうして、23人の 日本人代表とフランシスコ会の神父アロンソ ・ ムニョスに伴われ、日本大使館をスペインに送るという使命を持ったサン ブエナヴェンチュラ、ガレオン船は1610 年 8 月に日本を出発し、メキシコ に 10 月下旬に到着しました。この遠征は私たちが最初にお話した主題でコリア ・ デル ・ リオで終わる有名な旅の前任の遠征でした。ロドリゴ ・ デ ・ ヴィベロは、 メキシコにとどまりましたが、アロンソ ・ ムニョスはスペインへの旅を続けました。こうして二国間の一連の関係が始まりました。

スペイン王フェリペ 3 世は、村と日本の政府当局によって難破したスペイン人達がどのようにもてなされたかを知らされ、君主が将来、日本の最初のスペイン大使として検討するであろうセバスティアン ヴィスカイーノが指揮する船を日本へ送りました。

この使命では、スペインの王はいくつかの贈り物を徳川家康に送りました。これらすべての贈り物の中で最も有名なものは、最初の日本機械時計と考えられています。この時計は1581 年、スペイン王の時計職人ハンス ・デ・エヴァロによって製造された時計でした。

1611年、スペイン大使館は、後に将軍に時計を贈った浦賀の海岸に到着しました。

この全体の冒険はゴンサロ・ ロブレドによって製作された映画「デル・ナウフラヒオ・ア・ラ・アミスター」から引用しました。セルバンテス・インスティトゥートの図書館にDVDを置いております。どうぞお見逃しなく!

本文 フアン・マヌエル・ガゴ・ブラウリオ

翻訳者 成田千恵

アカプルコを通って日本からスペインへ: スペインと日本の関係の起源についての簡単な説明(その2)

Hasekura_en_Roma

前回の私たちのブログの記事では、侍、支倉と修道士ルイス・ソテロがスペイン国王フェリペ3世と教皇パウロ5世に会うために、メキシコからスペインに向けて出発したところでお話が終わっていました。

私たちの旅行者は、1614年10月5日にサンル-カル・デ・バラメダに到着しました。そこでは、彼らはメディナ・シドニア公に迎えられました。その後、彼らはセヴィージャ、コリア・デル・リオ、コルドバとトレドを通り、異国情緒あふれる大使館に敬意を払いました。最後に、彼らはマドリッドに到着し、国王フェリペ3世によって迎えられました。

支倉と修道士ソテロは、国王にスペインとの商業同盟を求めるとともに、日本の伝道プロセスを援助するために、より多くのフランシスコ会修道士を送ってもらえるよう依頼しました。さらに、侍、支倉は、王たちの前でキリスト教の洗礼を受け、フェリペ・フランシスコというキリスト教徒の名前を授かることとなったのでした。一方、修道士ソテロは、ローマに行くために財政的支援も要請しました。この援助については、裁判によって8ヶ月かかった後、ようやく認められました。

代表団はサラゴサを通過し、バルセロナでジェノヴァに向けて出航し、1615年10月にローマに到着しました。教皇パウロ5世は、それを受けて、彼らが提示したすべての請願を支持していました。しかし、彼は約束はしたくありませんでした。最終決定はスペイン国王の決断にゆだねるべきだと判断していました。

一方、日本では徳川家康が死亡しました。その事実は日の出の国の政治経済状況を変えました。キリスト教徒に対する迫害を強化していた日本のキリスト教徒の悪化状況に関するニュースは、ヨーロッパにまで届いていました。

このような状況の下、1616年1月、日本大使館はスペインに向けて出発し、マドリッド裁判所に向かう途中で、手紙により彼らの要求が受け入れられなかったことを知らされました。彼らはまだセヴィージャにいたのですが、侍、支倉と修道士ソテロは自分たちの要請を受け入れてもらえるよう、再度、枢機卿ボルゲーゼ、教皇と国王に何通かの手紙を送るという最後の努力をしたものの、結果的に無駄な努力となってしまいました。

1617年7月4日、彼らはメキシコに向けて出発し、1618年にマニラに到着しました。支倉は1620年にようやく日本に帰る許可を得られましたが、それまで絶え間なく届いていた支倉の知らせはここで途絶え、1622年、支倉の死因は誰にも知られないまま、彼は逝去することとなってしまいました。

修道士ソテロは日本におけるキリスト教徒の扱いが悪化している状況にもかかわらず、1622年、商人になりすまし、日本に戻ります。けれども、すぐに捕らえられ、1624年に長崎の近く大村で生きたまま焼かれてしまいました。

要するに、この10年近くにわたる世界一周の旅は、日本とスペインの間の商業協定と、日本のキリスト教普及におけるより大きな協力という主要目標には達することはできませんでしたが、これまで遠く離れた2国間の最初の外交接触となったのでした。

目標は達せられなかったものの、現在でもなお、その冒険の証拠と痕跡を見つけることができます。いくつかの国の書庫で当時の書簡や書類が保存されています。また、絵画には西洋風に装った支倉を見ることができます。そして、コリア・デ・リオのような場所やスペインにおいてさえも、おそらくこの最初の日本大使館に起源を持つと考えられる「ハポン」という苗字の人々が今でも存在しています。

本文 ウ-ゴ・パラシン・ホルダン

翻訳者 成田千恵

書誌

アカプルコを通って日本からスペインへ: スペインと日本の関係の起源についての簡単な説明(その1)

Hasekura orando, tras su conversión al cristianismo en Madrid en 1615.今年2018年で、スペインと日本の外交関係樹立 150 周年を迎えました。 二国間の友好関係、貿易や航海の条約に署名したのは1868年に遡ります。にもかかわらず、初めて日本大使館がスペインに置かれたのはそれよりずいぶん前でした。 この冒険は、400年以上前の 1614 年に遡ります。

当時、日本が変化を遂げていた頃で、太平洋での貿易の増加や日本でのキリスト教の 普及を目指して、これらの目的を実現するためにスペイン人はもちろん、多くの外国人が来日していました。 当時の背景は一部、マーティン・スコセッシの「シレンシオ(沈黙)」という映画に反映されています。主人公は 2人の イエズス会のポルトガル人でしたが。

17 世紀の初めに、徳川家康は、さまざまな日本の大名との間での衝突を終わらせ、封建制度を確立しました。 その時点では、スペイン帝国はマニラ(フィリピン)に、重要な商業の基盤を置いていました。マニラからメキシコへの航海中は海流により、日本を通ることを余儀なくされていました。実際、1609年にフィリピンの暫定知事、ドン・ロドリーゴ・ヴィヴェロ・ヴェラスコが、フィリピンからメキシコに向かう途中、。船が難破し、偶然、日本の御宿の海岸に到着しました。(抱擁の難破船について聞いたことはありませんか。

この出来事により(難破した際、御宿の住民は衣類や食べ物を乗組員に与えたり、家康はドン・ロドリーゴ達を丁寧にもてなした。)、徳川家康、息子の秀忠と幕府はドン・ロドリーゴを介して、メキシコの副王領との間の貿易関係を良好にする機会を得ることができました。 この最初の機会では、すでに日本にいたフランシスコ会修道士だった ルイス・ソテロが交渉の通訳を務めました。

同時に、この頃、スペインは、国王フィリップⅢ世の命令によって、日本の東側にあるという金と銀が採れる伝説の島を発見するために遠征の準備をしていました。そのために、メキシコの総督はセバスチャン・ヴィスカイーノ大将を1611年に江戸幕府に着くように送っていました。この際の家康、秀忠と幕府との対面でも、修道士ルイス・ソテロが通訳でした。

この時、江戸幕府はスペインの君主と直接、通商開設の交渉をするために、日本大使館をメキシコ、スペイン、イタリアに置くという計画を遂行します。また、江戸幕府は、ローマ教王に日本におけるキリスト経の更なる普及をするという使命のために宣教師派遣の支援を求めていました。この最後の点については、歴史学者によると、この要請は日本側が真の関心があったというよりは、江戸幕府のために通訳していた修道士ルイス・ソテロの要請によるものであったようですが。

徳川家康は奥州の北部の大名、伊達政宗の臣下に遣欧使節を委任しました。伊達政宗はメキシコに到達するための造船や侍の支倉六衛門長経を正使として選ぶなどの任務を果たすこととなりました。偶然にも、セバスチャン・ヴィスカイーノ大将の船が前述の通り、フェリペ3世によって遣わされていたのですが、日本への旅で船は大きな損傷を受けていました。そのため、大将はメキシコに帰るためには、この計画の協力に応じるしかありませんでした。

2 年後、 1613 年10月、侍、支倉 六衛門と約 150人の 日本の商人で構成された彼の側近、彼の通訳者である修道士ルイス・ソテロ、そしてヴィスカイーノ大将と彼の乗組員は、アカプルコに向けて出港し、 1614年 1月 に到着しました。記録によると、 主役となった日本の使節団はそこで出逢ったスペイン人とかなりの口論となり、アカプルコ市長自身の介入を余儀なくされました。

まもなく、メキシコ市街に到着した時、彼らは総督、メキシコの大司教の前で、また異端審問で、スペインへの旅行の目的を説明しなければなりませんでした。そのため、しばらくしてからスペインへの旅への許可が下りたのでした。こうして侍、支倉六衛門長経、修道士ルイス・ソテロと30人以上はようやく、ヴェラクルス港からスペインへ向けて出向しました。 残りの側近は支倉の帰りを待つために、アカプルコへ戻りました。
この後の出来事は、この物語の第二部でご紹介します。

本文 ウ-ゴ・パラシン・ホルダン

翻訳者 成田千恵

書誌

© Instituto Cervantes 1997-2018. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es