セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

セルバンテス星誕生!

Estrella_Cervantes

 昨年12月15日、作家ミゲル・デ ・セルバンテス星が生まれました。
キホーテ、ロシナンテ、サンチョ、ドルシネアの4つの星は、セルバンテス星の軌道上を回っています。
セルバンテス派の提案が、見事国際天文学連合のNameExoWorlds 会議を通過し、近年発見された20の新しい天体の名前に選ばれたのです。

これはプラネタリオ・デ・パンプローナとスペイン天文学会が発案、セルバンテス文化センターとスペイン国際天文学連合、軌道天文観測の協力によって実現しました。

セルバンテスとその登場人物は、この会議で全体の69%である38.503 票を獲得しました。しかも200提案の中で、最も多くの賛成票を集めたのです。この結果は、セルバンテスの没後400年、2016年の没日前夜に発表されました。

およそ49,8 光年離れたさいだん座に位置するμ地域の天体系セルバンテス星は、他にポルトガル、イタリア コロンビア、日本他6ヶ国と命名権を争っていました。

昨年8月12日から10月の31日までの間、一般の人は一票という制限つきでインターネット上で投票が行われました。#YoEstrellaCervantesという名のキャンペーンが行われ、投票の間ウェブサイトの投票と一般投票の様子が見守られました。  (www.estrellacervantes.es).

国際天文学連合のNameExoWorlds 会議による天体、星、惑星の命名において一般市民が参加するのは初めての試み。
参加者は45の国の天文学会が提案した274の名前から1票を投じます。総勢 50万以上(573.242票数)の投票がありました。スペインは 182 国中、インド、米国に続いて3番目に参加者の多い国でした。.
提供された名前は、各国の神話的人物、フィクションの人物、科学者、昔の都市名などが目立ちました。
セルバンテス星に加え、もうひとつスペイン語の名前も起用されています。: Edasich星 (イオタドラコ) 付近にある天体は、Hypatiaという名前がつけられました。マドリード・コンプルテンセ大学物理科学部による提案でした。

Departamento de Prensa
Instituto Cervantes. Versión en japonés: Aya Raquel Kinoshita

杏奈のバルセロナ日記第2弾!

フェスティバル「ソロダンサ」グランプリの杏奈さん、
現在滞在中のバルセロナのアーティスト・イン・レジデンスからレポート第2弾を送ってくれました。
彼女の繊細な人柄が伝わるような新鮮な感覚で町の様子や人々の空気を呼吸して、
どんどん自分のものしている様子、後半がますます楽しみですね!

anna copy
Hola!入手杏奈です
バルセロナにきて早くも7日目に突入しています 。
見るもの聞くものすべてが驚きと新しさ、なぜか時々わずかの懐かさしを感じ、 元気にやっています。
レジデンスアーティストの皆がほんとうに親切にしてくださいます。
バルや美術館、カフェ、海などいろんなところへ連れて行ってくれます

木曜日には、空港に私を迎えに来てくれたマリアがゴシック地区を案内してくれました。
マリアはスペイン人なので普段はスペイン語を話します。
だから私もマリアも単語を並べてなんとか話す、 という感じなのだけど 日本の地震や
ダンスで生活することについてなど、 とても深い話をしました 。
言葉が拙くても、心をこめたら話ができる それはどこにいても同じなのだと 思ったのでした。

jamon

金曜日は 今回のレジデンスで希望したフラメンコとの出会い。
センターのエレナがブッキングしてくれたホアンカルロス氏のフラメンコのクラスを見学。
この日は学生と一緒につくっている作品のリハーサルでした。
初めてみるフラメンコのステップ 音 表情 目のチカラ 細かい音のとりかた
刻まれるリズムにそのまま体が刻まれる 丹田がおちまくっている
素晴らしかったです。
カルロスがちょっと動いて見せるときのダンスや教え方もとても素敵です。
フラメンコってたたみかける感じが花火に似てる、と思いました。
夜は劇場でダンスを見て、生まれてはじめてのブラボーの嵐とスタンディングオベーションを体験しました

土曜日はミュージャシャンのミゲラが海へ連れて行ってくれました。
バルセロナに一つしかない、海と山が両方見える道を教えてくれました。
ガイドブックには載っていません 。
教会にもたくさん訪れています。 段々と地図がなくても歩けるようになってきました。

umi

machi
細い路地 ひとの声 わからない言葉 高い建物
まちに吸い込まれそうです ただ立ち尽くして見つめることしかできず体がいっぱいになる 宇宙にきたみたいです。

後半戦も街へ飛び込んで体をパンパンにしたいと思います!

入手杏奈

クエンカスペイン語留学を終えて(最終回)

Akikoさんからのレポートです。
旅でAkikoさんが感じた様々な思いがあふれだすようです。
またスペインに行くまではセルバンテス文化センターで
スペイン語とスペイン語文化に親しんでくださいね!

写真 2

もっとフラメンコを知りたい!その一心で、始めたスペイン語。 それが、フラメンコとはあまり縁があるとは言えない世界遺産の街、クエンカに語学留学することとなり、帰国した今は、スペインという国の持つ魅力の多様さ、奥深さに引き込まれ、ますますスペインが好きになりました。

何よりも印象的なのは、人々の心のあたたかさ。スペイン語を学んでいるというだけで、誰でも喜んでくれました。ホストファミリーに至っては、健康面、勉強、日々の生活、精神面まで、全てに渡ってサポートしてくれました。食事の時間、帰宅後、家にいる間中よく話し、よく食べ、そしてよく笑いました。

学校は日本から来た大学生の皆さんと一緒で、とにかく毎日が楽しかったです。 午後のアクティビティでは、クエンカの豊かな自然の中に行くことが多かったので、美しい景色を眺めつつ、おしゃべりしながら、たくさん歩きました。

アクティビティの後は、バルで喉の渇きをいやします。Cerveza con limón (ビールのレモンジュース割り)は、日本では見かけませんが、とても飲みやすくておすすめです!クエンカ在住の美術家である又木啓子さんが合流してくださったことも。とても気さくにお話してくださる素敵な方、元気を頂きました!また、大学生の皆さんに同行して滞在されていたラテンアメリカ文学の石井登先生、立命館大学の平井素子先生は留学生にとっては頼もしい存在。いつも近くで見守ってくださっているので、安心して学生生活を送ることができました。

そして、肝心のスペイン語は…? 少しずつではありますが、この2週間で変化したと思います。はじめのうちは、スペイン語で話しかけられると頭の中が真っ白になって、覚えていることすら忘れてしまい、後で悔しい気持ちになりました。ホストマザーのマリアは、あまり話さなくなった私を呼び出し、しっかりと私の目を見て言いました。 “Akiko,  tu español, bien. ” 思いがけない言葉に、私はその場で泣いてしまいました。”あなたの言葉は問題ではない、私たちにとってあなたの心が大切なのだ、あなたのスペインの家族は私たちなのよ” そんなことを言ってもらいました。伝わることが何より大事なんだと、それからは動詞は原形、過去も未来も全て現在形でも恥ずかしがらずに話すようになりました。いつも辞書とメモ帳、スマートフォンを持ち歩き、伝わるまで、ジェスチャーや写真、英語も使ってみます。そうして何度も頻繁に使う単語は少しずつ覚えていきました。

2週目には、念願叶って、フラメンコのクラスを受けることもできました。地元の高校生と一緒です。家に帰ると、私が踊りを見せたり、夏休みで滞在している親戚の男の子がマイケル・ジャクソンを踊ってくれたり、賑やかな夜を過ごしました。

写真 1

人との出会いは、人生の宝物だと思います。

今度はもっとスペイン語が話せるようになって、戻ってくるね! 旅立ちの朝、そう言う私に、マリアはまた同じことを、今度は笑って言いました。 “tu español, bien. ” すべてのことにありがとう! しっかりと抱き合って、笑顔で別れた私。涙は見せたくなかったのです。でも、マリアの弟が駅まで送ってくれた車の中では少し泣いてしまいました。

またクエンカに行きたいです! スペイン語を話せるようになって、もっといろんなことについて聞きたいし、話したいです。そして、まだ行ったことのないスペインの街、それから南米にも行ってみたいです!夢は広がります!

素晴らしい機会を与えて頂いて、本当にありがとうございました。 クエンカの皆さん、日本から応援してくださった皆さん、関わってくださった全ての方に深く感謝いたします。

スペインRSFメンバーポートフォリオ展

スペインの写真家協会(Real Sociedad Fotográfica)のメンバー20名のグループ展が東京で開催されることとなりました。その情報を皆さんにご案内しますね。

Adrian Dominguez

(もっと読む)

スペインがテーマ:ブックフェア開催中!

七夕の今日、東京ビックサイトでは東京国際ブックフェアがスタートしました!開会式には多くの来賓や関係者が集まり、過去最大級で開催しているというのがヒシヒシと伝わりました!ブックフェアにはセルバンテスもスタンドを設けて出展しています♪ そして会場には、明日8日(金)の講演会の作家6名の姿も見受けられました!

(もっと読む)

スペイン語で野球応援:実践編

以前、『スペイン語と野球』というテーマで記事を寄せていただいたイチローさんから、「実際に野球応援をしてきた」という嬉しい報告がありました♪ 以下にその報告を紹介します!(以下、イチローさんの記事)
© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es