セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

スペイン語の日2016は7月2日(土)開催です!

El día e

スペイン語とスペイン語圏文化を愛する全ての人々のお祝い、スペイン語の日。
8年目を迎える今年は、7月2日(土)に開催されます。
毎年恒例のオープニングセレモニー「言葉の雨」にはじまり、
スペイン語圏諸国のガストロノミー試食会、ダンスと音楽満載の1日です。
ぜひみなさまお越しください!お待ちしております。

開催概要:
月日:7月2日(土)
会場:セルバンテス文化センター全館
入場料無料、予約不要(先着順)

プログラム:

セルバンテスビル エントランス
13:00~ オープニングセレモニー「言葉の雨」
東京外語大学サルサ研究会サルケンデスライブ
スペイン語圏諸国大使館様ご提供、試食・試飲会

学習部 *1F受付までお越しください。
12:00 スペイン語体験クラス
14:00スペイン語認定証DELE プレゼンテーション
15:00スペイン語オンライン講座AVE プレゼンテーション

B1 オーディトリアム
13:45開場
14:05 スタート

キッズシアターロス・セルバンティージョス
ベニート・ガルシア・フラメンコスタジオキッズクラス”BG chan”
NPO 日本マリネラ協会キッズダンス
メキシコ舞踊メヒコ・エン・ラ・ピエル
パラグアイハープ演奏アルコイリス
詩の朗読・ギター伴奏
(16:30 終了予定)

6Fフェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館
11:00~17:30
メルカディージョ・デ・リブロス
セルバンテス賞40周年展覧会
図書館会員登録年会費(新規・継続)の10%割引あり。

*上記内容は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

 

アレとマジの聞くスペイン語セミナー2015

アレとマジの聞くスペイン語セミナー2015 

ブログ「聞くスペイン語」http://escuchaespanol.com/ で人気の面白コンビ、
アレとマジ(福岡在住)が昨年に引き続きセルバンテスにやってきます!
スペイン語のレベルは問いません。
アレとマジがみなさんの参加をお待ちしています。

ふたりからのメッセージはこちら!

<開催概要>
アレとマジの聞くスペイン語セミナー2015 – オーディトリアム
日程: 2015年11月27日(金)19:00-20:30
会場: B1オーディトリアム
参加費:1.500円、お支払いは当日受付にて。
ご予約はこちらから

(ご注意)ご予約後キャンセルをご希望の方はネット上で手続きを行うか、お電話で連絡をお願いします。(03-5210-1800)

<セミナー内容> 
自己紹介:アレとマジの自己紹介。みんなでやってみましょう。
再帰同動詞:どんな時に使うのかな?会話に便利な例を紹介します。ビデオ紹介あり。
位置の表し方:~の横、~の右など地図やものの場所を表すときに便利な用語を学びます。
楽しい実践練習とビデオあり。
文化とマナー:ビデオで日本とスペインの文化の違いを見てみましょう。その後楽しい実践練習あり。
抽選会:オリジナルTシャツ、サイン入り写真他が当たります。
クロージングソング:アレとマジがスペイン語の歌を説明した後、みんな歌って終了です。
(終了予定20:30)

アレとマジの爆笑トークで楽しくスペイン語が学べます。
クラスのレジュメ(スペイン語・日本語)を配布しますのでクラスの復習にもぴったりです。

 

新規登録生徒さんへの特典です!

entradas

セルバンテス文化センター東京は、10月29日から登録開始の少人数制セミ集中コース2へご登録頂いた新規生徒様へ抽選で下記をプレゼントいたします。

– The Tokyo Flamenco Ballet の入場券(2名様分 8000円相当)×10名様 (12月19日セルバンテス文化センター地下1階オーディトリアムにて17時~)
日本在住のスペイン人振付家、舞踊家アントニオ・アロンソが新たなスペイン舞踊とフラメンコのカンパニー「ザ・東京フラメンコ・バレー」の公式プレゼンテーションを行います。本公演はアントニオ・アロンソ自身がプロデュースしています。彼は1980年から、当時グラン・アントニオと呼ばれたアントニオ・ルイス・ロレール率いるスペイン国立バレエ団の第一ダンサーを務めた偉大なるダンサーです。
-メソン・セルバンテスのお食事券(2000円分)×5名様

(抽選は11月13日(金)、当選者へのご連絡にてご案内差し上げます)

皆様のご登録をお待ちしております。

10/3-5 第2回日本スペイン語・スペイン語圏文化国際会議 

congreso2015
セルバンテス文化センター東京は第2回を迎えるスペイン語国際会議に皆様をご招待します。メキシコ言語アカデミー総裁のハイメ・ラバスティダ氏の講演で幕を開けます。、ドミニカ言語アカデミーメンバーのマルシオ・ベロス・マッジオロ、コロンビア出身スタンフォード大学教授、エクトル・オヨス、その他第一線で活躍する日本人スペイン語研究者らが参加、3日間に渡りスペイン語の今を包括的に考える場となっています。会議の締めくくりにはスペインの作家フアン・ペドロ・アパリシオ氏の講演で幕を閉じます。

日時: 2015年10月3日(土)-5日(月)
場所: セルバンテス文化センター東京
予約:参加ご希望の方はこちらのウェブサイトよりお申込みください。

10月3日(土)プログラム
09:30–10:00 ご挨拶
10:00–10:30 開会講演ハイメ・ラバスティダ(メキシコ言語アカデミー総裁)「メキシコとアメリカ合衆国におけるスペイン語の将来」
10:30–11:30 スペイン・ラテンアメリカ研究者によるラウンドテーブル 「世界におけるスペイン語の将来」
11:30–12:00 <休憩>
12:00–13:00 言語学講演:福嶌教隆、アントニオ・ルイス・ティノコ、上田博人
13:00–14:00 <休憩>
14:00–15:00 教育学講演:山村ひろみ、大森 洋子、柿原 武史、コンチャ・モレーノ、ハビエル・ロドリゲス
15:00–16:00 哲学講演:安藤真次郎、木下登、木下智統、色摩力夫
16:00–16:30 <休憩>
16:30–17:30 詩講演:アントニオ・ヒル・デ=カラスコ、フアン・ペドロ・アパリシオ、細野豊、ハイメ・ラバスティダ
17:30–18:30 文学講演:寺尾隆吉、マルシオ・ベロス・マッジオロ、エクトル・オヨス
18:30–19:30 芸術講演:松原典子、濱口典子
コンサート:濱田吾愛、濱口典子(ピアノ)、廣田美穂(ソプラノ)、新宮由理(メゾソプラノ)、五十嵐紅(ギター)

10月4日(日) プログラム
10:00–11:00 翻訳講演:坂東省次、エレナ・ガジェゴ、グレゴリー・サンブラーノ、太田昌国
11:00–12:00 ALFALITO:上田博人、西村 君代、アントニオ・ルイス・ティノコ、三好準之助、
12:00–12:15 <休憩>
12:15–13:15 ALFALITO: Jang Ji Son、川崎義史
13:15–13:45 閉会講演:著名作家フアン・ペドロ・アパリシオ「スペイン語の現在」
13:45–14:15 閉会の挨拶

10月5日(月) プログラム
19:00- 原作者マリア・ドゥエニャスを迎えてメイキング・オブ「情熱のシーラ」

上記の内容は変更になる場合があります。予めご了承ください。

セルバンテス文化センターで学ぶ、秋のスペイン語講座

150724_publicidad_metro_out

バーモント大学の数学者ピーター・ドッズ博士率いる研究チームが行った「世界で最も幸せな言語調査」で
スペイン語が10言語中、1位になりました!(2015年2月発表)

セルバンテス文化センターなら、スペイン語学習のエキスパートのネイティブ講師がオリジナルのカリキュラムで教えてくれるから、留学感覚でスペイン語とスペイン語文化を学べます。

この秋は、愛とポジティブパワーに溢れるスペイン語を学んで、みんなでハッピーになりましょう!

秋期スペイン語講座のお知らせ

秋期コースのパンフレット(PDF)
オフィシャルホームページ。オンラインでお申込いただけます。

スペイン語講師養成コース2015

curso formación

セルバンテス文化センターではスペイン語講師のみなさんを対象に、下記コースの登録を行っております。(PDF)

● VII Curso en línea de acreditación de examinadores DELE A1 y A2
● V Curso en línea de acreditación de examinadores DELE B1 y B2

コース期間:2015年10月1日~29日 Del 1 al 29 de octubre de 2015
申し込み期限:2015年9月4日

詳細情報は以下をご確認ください。(PDF)
VII Curso en línea de acreditación de examinadores DELE A1 y A2/ 申し込み用紙
V Curso en línea de acreditación de examinadores DELE B1 y B2 / 申し込み用紙

スペイン語サマースクール2015

bannersummerschool
夏休みにセルバンテス文化センター東京で スペイン語を勉強しよう!

スペイン語サマースクール2015
今年の夏休みはセルバンテス文化センター東京でスペイン語を勉強しよう

対象:モノリンガルまたはマルチリンガルの6-10歳の児童

コース:
❶子供のためのスペイン語コース月から金10時から 13時 (週15時間)
❷子供のための映画ワークショップ月から金13時15分から 14時15分 (週5時間)

開催日:
7月 (①20日~24日、② 27日~31日)、 8月 (③3日~7日、④17日~21日)

受講料:
 ❶ 子供のためのスペイン語コース: 28.650 円/ 15時間
 ❷ 子供のための映画ワークショップ: 9.550 円 / 5時間

登録期間:コース開始日1週間前まで(定員に達し次第締め切り)
お問合せ:acx2tok@cervantes.es

詳細はこちらをご覧ください(pdf)

 

クエンカスペイン語留学を終えて(最終回)

Akikoさんからのレポートです。
旅でAkikoさんが感じた様々な思いがあふれだすようです。
またスペインに行くまではセルバンテス文化センターで
スペイン語とスペイン語文化に親しんでくださいね!

写真 2

もっとフラメンコを知りたい!その一心で、始めたスペイン語。 それが、フラメンコとはあまり縁があるとは言えない世界遺産の街、クエンカに語学留学することとなり、帰国した今は、スペインという国の持つ魅力の多様さ、奥深さに引き込まれ、ますますスペインが好きになりました。

何よりも印象的なのは、人々の心のあたたかさ。スペイン語を学んでいるというだけで、誰でも喜んでくれました。ホストファミリーに至っては、健康面、勉強、日々の生活、精神面まで、全てに渡ってサポートしてくれました。食事の時間、帰宅後、家にいる間中よく話し、よく食べ、そしてよく笑いました。

学校は日本から来た大学生の皆さんと一緒で、とにかく毎日が楽しかったです。 午後のアクティビティでは、クエンカの豊かな自然の中に行くことが多かったので、美しい景色を眺めつつ、おしゃべりしながら、たくさん歩きました。

アクティビティの後は、バルで喉の渇きをいやします。Cerveza con limón (ビールのレモンジュース割り)は、日本では見かけませんが、とても飲みやすくておすすめです!クエンカ在住の美術家である又木啓子さんが合流してくださったことも。とても気さくにお話してくださる素敵な方、元気を頂きました!また、大学生の皆さんに同行して滞在されていたラテンアメリカ文学の石井登先生、立命館大学の平井素子先生は留学生にとっては頼もしい存在。いつも近くで見守ってくださっているので、安心して学生生活を送ることができました。

そして、肝心のスペイン語は…? 少しずつではありますが、この2週間で変化したと思います。はじめのうちは、スペイン語で話しかけられると頭の中が真っ白になって、覚えていることすら忘れてしまい、後で悔しい気持ちになりました。ホストマザーのマリアは、あまり話さなくなった私を呼び出し、しっかりと私の目を見て言いました。 “Akiko,  tu español, bien. ” 思いがけない言葉に、私はその場で泣いてしまいました。”あなたの言葉は問題ではない、私たちにとってあなたの心が大切なのだ、あなたのスペインの家族は私たちなのよ” そんなことを言ってもらいました。伝わることが何より大事なんだと、それからは動詞は原形、過去も未来も全て現在形でも恥ずかしがらずに話すようになりました。いつも辞書とメモ帳、スマートフォンを持ち歩き、伝わるまで、ジェスチャーや写真、英語も使ってみます。そうして何度も頻繁に使う単語は少しずつ覚えていきました。

2週目には、念願叶って、フラメンコのクラスを受けることもできました。地元の高校生と一緒です。家に帰ると、私が踊りを見せたり、夏休みで滞在している親戚の男の子がマイケル・ジャクソンを踊ってくれたり、賑やかな夜を過ごしました。

写真 1

人との出会いは、人生の宝物だと思います。

今度はもっとスペイン語が話せるようになって、戻ってくるね! 旅立ちの朝、そう言う私に、マリアはまた同じことを、今度は笑って言いました。 “tu español, bien. ” すべてのことにありがとう! しっかりと抱き合って、笑顔で別れた私。涙は見せたくなかったのです。でも、マリアの弟が駅まで送ってくれた車の中では少し泣いてしまいました。

またクエンカに行きたいです! スペイン語を話せるようになって、もっといろんなことについて聞きたいし、話したいです。そして、まだ行ったことのないスペインの街、それから南米にも行ってみたいです!夢は広がります!

素晴らしい機会を与えて頂いて、本当にありがとうございました。 クエンカの皆さん、日本から応援してくださった皆さん、関わってくださった全ての方に深く感謝いたします。

クエンカスペイン語留学を終えて1

2週間の充実したクエンカ留学を終えて、Marikoさん、Akikoさんのおふたりが帰国!
旅の感想を送ってくれました。
どんな思いを胸に戻られたのでしょうか?
Marikoさんからのレポートをご紹介します。
cuenca3

中世の雰囲気が残るクエンカ

ホームステイ先は、Cuenca の旧市街でした。
街には12~18世紀に建てられた宗教建築を至る所に見ることができ、
中世の要塞都市の雰囲気が残っています。

街の人も敬虔な信者が多く、毎日着飾って教会に通うのを
よく目にしました。ホームステイ先でも、お食事の前には必ずお祈りをしました。

自然がとても言葉にはできないほど美しく、太古の息吹が感じられ、壮大なスケールに圧倒されました。
ハイキングや、カヌーでそれを感じて楽しい、忘れられない体験でした。
断崖沿いに聳える高層建物は、地震の多い日本では、目にすることできない景色です。


多国籍の生徒が集まる刺激的なクラス

そんな街で2週間もスペイン語勉強できたことは、とても貴重な体験でした。
初めはオーストリア人学生との三人のクラスで緊張もしましたが、彼らの自由な姿勢に驚きもしました。
その後、イギリス人なども加わり、発音がちょっとずつ違うことも分かり楽しかったです。
後半は、彼らは帰り日本人だけのクラスでした。

授業では、El camino de las estrellas,  Guernica, Don Quijote; Las fiestas en España, Fallas de Valencia, Carnaval de Tenerife , Feria de Sevilla, Fiesta de San Fermín などについて学びました。 料理や健康法、los gestos ( 身振り、手振り )についても、お国柄が反映されて面白かったです。

Cuenca に伝わる伝説も その起源の地を訪れ、臨場感をともなって読みました。 やはり地元に根ざした文化を学ぶことで、土地への親密感もまし、よかったです。


スペインの家族、暖かく迎えてくれたホストファミリー

mariko

ホストファミリーは、優しい、お料理上手で、二階にお部屋が6室もある、ひろーいお家でした。
夏の家として、女子3 人と男の子が1人いましたが、今はもう帰ってしまったようです。

テレビではドラえもんをやってました。
持参していた 缶詰めのあんこを、これがドラ焼きの中身だよと説明したら、びっくりしていました。
中身はチョコレートだと思っていたそうです!
家族と折り紙で手裏剣を作ったり、紙飛行機飛ばしたり、一緒に遊べて楽しかったです。

スペイン語上達は? と聞かれると、答えが難しいです…。
スペインは各地方が、それぞれの文化を持ち、それをとても大事にしてるので、
言葉も違い、スペイン語の豊かさにもびっくりしました。


あっという間の2週間、また会う日まで!

驚いたのは、生活時間 の違いです。
夜は9時を過ぎてもまだ明るいし、日中暑くて外歩けないほど。
だから、siesta の時間はとても大事。
学校は9:30 始まりで、13:30 には 一旦、帰宅とお昼。
再開は 17:00 からで19:30 ごろまで。当然夕食も遅く22:00 ごろ。
就寝は24:00 過ぎることもありました。

最後に True Spanish Experience の修了式が
市役所であり、B1 のdiploma を頂いて感激しました。

mariko2

2 週間はあっと言う間に過ぎ、別れの時となりました。
バスのところまで、ホストファミリーが見送ってくれ、
次は、娘と来てねとの 優しい言葉に、抑えていた涙もあふれてしまいました。
( 娘が送ってくれたハガキに Hola ! と、一言 スペイン語で 書いてありましたので。)

さらに、スペインの家族と思って良いよって言ってくれました。
こんなに優しい人たちに囲まれて過ごしたかけがえのない日々、
決して忘れません。こちらもまた、必ず伺いますと約束して、CUENCAを後にしました。

クエンカスペイン語留学日記2

164_3284340-W

クエンカスペイン語留学日記2
昨日に続いてもうひと方の招待留学生Marikoさんからもレポートが届きました。
美しい町並み、美味しいお食事に興奮さめやらず、といった雰囲気が伝わってきます。
次回さらに微細にわたるレポートを楽しみにしています!

 

(MARIKO さんより)

2014年8月26日

無事クエンカに到着しました。学校にも近そうです。

ホームステイ先では、大きくて、かわいくて、広くて、素晴らしいお部屋をいただきました。
まるでゆめのようです。

ホームステイのお部屋

ホームステイのお部屋

 

 

 

 

 

 

 

クエンカは、思っていた以上に素晴らしい街です。
緑が豊かで、歴史ある街でお散歩楽しんでる方もたくさん。
教会もたくさんで、敬虔な信者さんがまいにちお祈りしているようです 。

 

4c2

 

 

 

 

 

 

手作りです。トマト摩り下ろし、オリーブオイルを加えたものですが、
とても、とてもおいしい!

c5

パン・コン・トマテにするおろしトマト。シンプルながら味わい深いものですね

 

 

 

 

 

 

 

c3

ランチメニューでしょうか? 美味しそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも月桂樹のハーブティーも手作りで、まいにち飲むと身体にいいそうです。

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es