セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

80年振り!共通『スペイン語文法書』

スペイン語で『ボールペン(Bolígrafo)』という言い方が20通りもあることを皆さんはご存知でしたか?先日、英字新聞のジャパンタイムズにスペイン語に関する記事が大きく、それもフアン・カルロス国王の写真付で掲載されているのに目がとまりました。なんと!約80年ぶりにスペイン語の共通文法書がレアル・アカデミア・エスパニョーラ(RAE)から出版されるとか。出版までにかかった年数というのが11年というから、その膨大な情報に驚きです!

新スペイン語文法書が発表。(写真:El País紙オンラインより)

新スペイン語文法書が発表されました。(写真:El País紙オンラインより)

(もっと読む)

激動の中米物語。

サッカーの話題が尽きない毎日。ワールドカップのことで盛り上がっている人も多いと思います。スポーツは平和の象徴とされていますが、そんなサッカーの祭典・ワールドカップの予選を巡って、中米のエル・サルバドルホンジュラスが戦争になったことを知っていましたか?激動の現代中米史を背景にして書かれた物語、『崩壊』の出版記念発表会が開催されます。12月16日(水)19:00からです!

『崩壊』:激動の中米を生きる物語

『崩壊』:激動の中米を生きる物語

(もっと読む)

アルベニス年を締めくくるコンサート!

突然ですが、なぞなぞです。スペインを代表する作曲家といえば、誰でしょう?「・・・・アルベニス!」恐らく、ほとんどの方がそう答えると思います。

本年2009年は、そのアルベニスの生誕100周年ということで、各地で生誕を記念するコンサートやリサイタルが行なわれていました。その2009年を締めくくるコンサートをセルバンテスが開催します!日時は12月15日(火)19:00からです。ご予約がまだの方はお急ぎください!

スペイン音楽スペシャリスト上原由紀音氏

スペイン音楽スペシャリスト上原由紀音氏

スペイン映画祭にいってきました!

先日、ご紹介した新宿バルト9で開催されている『スペイン映画祭』に行って来ました!

初日ということもあり、スペイン大使館や映画監督、プロデューサーの姿もあり、さらにスペインから来日した著名人や在日のスペイン語圏の人たちの姿も多くみられて、会場はまるで外国のような雰囲気でした。

セルバンテス文化センター館長のビクトル・ウガルテ氏と映画監督イサベル・コイシェ氏。スペイン映画祭の会場にて。

セルバンテス文化センター館長のビクトル・ウガルテ氏と映画監督イサベル・コイシェ氏。スペイン映画祭の会場にて。

(もっと読む)

スペイン映画祭迫る!

2009/12/06 | ニュース | | 1 comentario

今年の夏はラテンビート映画祭でスペイン語圏の映画を楽しんだ方も多いはず。夏にチャンスを逃した方!今年の冬はスペインの話題作品を集めた『スペイン映画祭』が開催されますよ!12月8日(火)~10日(木)、会場は新宿バルト9です。

スペイン映画祭で上映されるCelda211

スペイン映画祭で上映されるCelda211

(もっと読む)

セルバンテス賞:ホセ・エミリオ・パチェコ氏(メキシコ)

2009/12/01 | ニュース | | 1 comentario

先日、エル・パイス紙『ホセ・エミリオ・パチェコ氏がセルバンテス賞を受賞』という記事が載っていました。

セルバンテス賞(Premio Cervantes)といえば、スペイン語文学の賞の中で最も重要な賞と言われています。いわゆる、「スペイン語圏のノーベル文学賞」のようなもの、とでも言うのでしょうか。その重要な賞を今回、メキシコの文学者ホセ・エミリオ・パチェコ氏が受賞しました。

セルバンテス賞の受賞者、ホセ・エミリオ・パチェコ氏

セルバンテス賞の受賞者、ホセ・エミリオ・パチェコ氏

(もっと読む)

コンサート&講演会「ユーモアと音楽」

すごいイベントがまたひとつ開催されます。皆さんはベネット・カサブランカスという音楽家をご存知でしょうか?スペインの現代音楽家としてとても著名な方なのですが、その方が来日します!12月8日(火)18:30から講演会とあわせてコンサートも開催されるのでお見逃し無く!

ベネット・カサブランカス

音楽家:ベネット・カサブランカスコンサート:トリオ・カンディンスキー

12月のスペイン音楽紀行

月に一度、第一水曜日にお楽しみ頂いているスペイン音楽紀行の12月クラスは来る12月2日(水)です!今回の生演奏ライブはバイオリンとピアノの演奏です。皆さん、お忘れなくご参加ください!

矢崎さくらイスラエリヤン・カレン
12/2(水)に演奏する矢崎さくら(ピアノ)&イスラエリヤン・カレン(バイオリン)

(もっと読む)

図書館の活用法。

今朝、『ペネロペハビエル・バルデムが12月に結婚するかも?』なんていうエンタメ情報がネットに載っていました。スペインを代表する国際的女優&俳優のビックカップルが本当に結婚したら、スペインでは大騒ぎなんだろうな・・と、想像して楽しんでおります。

さて、私がペネロペを素敵!と思ったのが、アルモドバル監督作品の『Volver<帰郷>』という映画でした。当時はスペイン語が今よりも出来なかったので、内容を正しく理解できていたかどうか・・・そんなことを考えていたら、先日のセルバンテスのメルマガ図書館情報を思い出しました!図書館って映画の脚本が置いてあるんですよね!

アルモドバル監督作品『Volver』

アルモドバル監督作品『Volver』

(もっと読む)

熱い!スペインのアーバンカルチャー

ここ何日かで急激に冷えて、寒さが苦手な私は布団から出るのが辛い毎日・・・。でも、そんな寒い気分を吹っ飛ばす熱いイベントがやってきます!12月9日(水)・10日(木)の両日、18時からスタートする『スペイン:新時代のアーバンカルチャー』というイベント。なんと!世界的に著名なスペインを代表するイサベル・コイシェ監督や国際的に活躍し日本を代表する女優・菊地凛子もやってくるというんですから、行くしかないですよね!要予約です!!!

スペインのアーバンカルチャー

スペインのアーバンカルチャー

(もっと読む)

  1 2 ... 57 58 59 60 61 ... 65 66
© Instituto Cervantes 1997-2018. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es