セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

展示会・講演会・シンポジウム「宇宙の驚異」

今年の夏は異常気象の影響か、夏らしい日が少なかった気がします。その反面、奄美大島など国内で皆既日食がみれたりと、神秘的な出来事もありましたね!東京にいた私は、映像でしか皆既日食をみることができませんでしたが、「宇宙の一部なんだなぁ」と、妙に実感して感激したものです。

さて、そんな宇宙を感じれるイベントがこの秋、セルバンテス文化センターで開催されます!タイトルはまさに「宇宙の驚異(SORPRESAS DEL COSMOS)」。カナリアス宇宙物理研究所から著名な宇宙物理学者が来日し、講演会・シンポジウム・展示会の3本立てのイベントが予定されています。

テイデ天文台の魔術的な夜

テイデ天文台の魔術的な夜

(もっと読む)

夏期実践コース終了しました!

皆さん、こんにちは!本日9月19日をもちまして、夏期スペイン語実践コースのすべてのクラスが終了しました!ありがとうございました!!参加した生徒の皆さんは、この夏、スペイン語を存分に楽しむことができましたでしょうか?

夏には登録ができなかった・・・という皆さんも、秋期コースの登録期間10月3日まで延長して受付しているので、一度ご相談下さいね。

caminando-con-la-mochila-10777

(もっと読む)

展覧会「オホス・デ・アグア」

皆さん、こんにちは!

芸術の秋、文化の秋の時期になりましたね。アートを楽しめるこの季節にぴったりの展覧会情報をご案内します!アブストラクト・アートを手がけるスペイン出身アーティスト、ルフォ・クリアードの展覧会「オホス・デ・アグア(水の目」です。

オホス・デ・アグア展

オホス・デ・アグア展

(もっと読む)

第6回ラテンビート映画祭がやってくる!

待ちにまったラテンビート映画祭がやってきます!首を長くして待っていたファンも多いのでは?

東京は9月17日(木)~23日(水・祝)@新宿バルト9、大阪は9月23日(水・祝)~27日(日)@梅田ブルク7で開催されるとのこと。

ラテンビート映画祭2009

ラテンビート映画祭2009

(もっと読む)

第4回 難民映画祭-東京

昨年に引き続き、セルバンテス文化センター東京、地下1階オーディトリアムで難民映画祭が開催されます。
日程は10月2、3、5、6、7日の計5日間。
世界各地には、迫害や紛争を逃れ、故郷を追われている難民・避難民が4,200万人もいるそう。

timthumb

(もっと読む)

秋期スペイン語コース 2009年10月

秋期スペイン語コース
秋期スペイン語コース
秋期スペイン語コース

●受講料
スペイン語一般コース
新規生徒:30時間 54,000円  60時間 108,000円
継続生徒:30時間 48,600円  60時間 97,200円
在校生: 30時間 51,300円  60時間 102,600円

割引対象コース:81,000円 (☆印のコースは割引となります)
DELE対策コース
新規生徒:38.500円  継続生徒:34.650円  在校生:36.575円
(2009年秋期コースより、継続生徒とは2009年春期コース、又は会話コース、実践コースを受講した生徒となります。それ以前に受講した生徒は在校生となります。)

(もっと読む)

イベント情報!!

マドリッド市とセルバンテス文化センター東京は共同で,
観光と語学留学のデスティネーションとしてのマドリッドを紹介するイベントを開催します。

現在、セルバンテス文化センター東京で受講中の生徒の皆さんのために100席分は確保しています。
生徒のみなさん、是非お見逃し無く!

 MADRID-BAILAORA-2800206A-199x300

日程:9月16日(水) 19時から
場所:セルバンテス文化センター B1オーディトリアム
    入場無料、要予約。参加ご希望の方は右記メールにてお申込ください。info@cervantes.jp

Juan Luis Guerra コンサート

行ってきちゃいました。
ドミニカ出身の音楽界のスーパースターの初来日コンサート!!!

juan-luis-guerra

会場の最寄駅、新木場に着いたらもうラテン系の匂いがプンプン。
そしてすでにその付近は日本ではありませんでした。
そこらじゅうでスペイン語が飛び交い、
ドレスが景色をカラフルに彩り、みんなセクシー。

会場についてみるとまた面白い。
自分と同じ国の出身の友達同士で集まっているようで、
そこはラテン系の人たちの同窓会の様でした。

(もっと読む)

スペイン大使館文学イベント案内

スペイン大使館が主催する文化イベントのご案内です。
作家、エミーリ・ロサーレス氏の新刊『まぼろしの王都(La Ciudad Invisible)』(河出書房新社刊)について、
インタビュアーのゴンサロ・ロブレド氏(ジャーナリスト)がお話を伺います。

ciutat

同時通訳がありますのでスペイン語ができなくても大丈夫、興味がある方は是非参加してみてください。
9月3日、午後7時からスペイン大使館 B1オーディトリアムにて、
入場は無料です。
詳細はこちらをご覧ください。

シンポジウム情報

セルバンテス文化センター東京と静岡県舞台芸術センター(SPAC)は、
数々の演劇やオペラの題材にされてきた「ドン・フアン」に関してのシンポジウムを行います。

don juan

17世紀にヨーロッパで広がり変遷を遂げてきたドン・フアン像について国内外の専門家が語ります。

詳細は下記のとおりです。

(もっと読む)

  1 2 ... 60 61 62 63 64 65 66 67
© Instituto Cervantes 1997-2019. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es