セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

世界本の日を記念して「エディタソン」にチャレンジ!

editatonスペイン語を実際に使ってみたいですか?

毎年4月23日の週には、図書館で「世界本と著作権の日」をお祝いします。インスティトゥト・セルバンテスでは、当館の名前の由来となったスペインの作家セルバンテスの命日4月23日に、ウィキペディアの編集と掲載の方法をワークショップで学び、実際にウィキペディアでスペイン語圏の文学作家の日本語情報を編集する「エディタソン」を毎年、開催しています。

「エディタソン」って何?

「エディタソン」とは、「edit」と「marathon(マラソン)」を合わせた言葉です。編集者たちが、ウィキペディアなどの特定のトピックやコンテンツを一緒に編集して改善したり、基本的な編集方法を教えたりします。

私たちのエディタソンでは、ウィキペディアの編集者とスペイン語圏の文化愛好者が集まってスペイン語圏文学者の伝記や参考文献のぺージを編集し、よりよい日本語翻訳を掲載することを目指しています。そうすることで、日本におけるスペイン語圏の存在を高めたいと思っています。

このようなウィキペディアのページの準備、掲載にご賛同いただける方々のご協力をお待ちしています。

どこで、いつ、どのように?

伝記や参考文献の翻訳は、どなたでも随時ウィキペディアのページに掲載することができます。事前にインスティトゥト・セルバンテス図書館のさまざまな情報リソースを使い、選定された文学作家の人生や作品について、数週間をかけ調べて準備します。そしてワークショップでは、講師のガイダンスのもとで実施に内容を編集し、記事をアップします。

図書館のWi-Fi接続をご利用いただけますので、各自パソコンをご持参ください。

本ワークショップはウィキペディア編集者・講師の北村紗衣さんのガイダンスで2回、日本語で行われます。ご興味のある全ての方がご参加いただけます。参加費は無料です。

– 第1回 ウィキペディアの編集の仕方:4月20日(土)14時~15時半
– 第2回 ウィキペディアのページのアップ方法(実践)4月23日(火)18時~19時半

お申し込みはこちらから。

お問い合わせは、ダビ・カリオン(bibtok@cervantes.es)まで。2回とも参加された方には、ワークショップ参加の証明書をお渡しします。

© Instituto Cervantes 1997-2019. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es