セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

2018年世界におけるスペイン語

Anuario2018世界中で、5億7,700万人以上の人々がスペイン語を話しています。そのうち4億8千万人が母国語としてスペイン語を話します。 今日の世界人口の7.6%はスペイン語圏です。 約2200万人の人々が107ヶ国で勉強しています。 スペイン語は、インターネット上で3番目に最も広く使用されている言語であり、米国で最も勉強されている外国語です。

これらは11月27日に、出版物に含まれる言語の状況に関する厳しい研究の著者でもある、インスティトゥト・セルバンテスの館長ルイス・ガルシア・モンテロ 、カルメン・ノグエロ事務総長、リチャード・ブエノ学術所長、ダビッド・フェルナンデス・ヴィトレス教授を紹介した、インスティトゥート・セルバンテスの年鑑「2018年、世界におけるスペイン語」に掲載されている最も関連性の高いデータの一部です。

2018年度年鑑は、スペインの現状と将来の予測を分析しています。 関連する事実は、今日の世界人口の7.6%がスペイン語圏で、2050年には0.1パーセント増の(7.7%)に増加するということです。しかし、2100年には、いくつかのアフリカ諸国の人口爆発に対して中南米の住人が減少すること、また、いくつかの他の要因により、6.6%に減少すると考えられます。

このような予測から、ガルシア・モンテロは「スペイン語話者の数と割合を増やすために競争し続けるべきではないか?」おそらく、文化的側面を強調し、スペイン語を国際的なコミュニケーションと科学の言語に変え、イベロアメリカ(アメリカ州のかつてスペインとポルトガルの植民地であった国々全体)の意識を高めるために文化を利用するということにわれわれは関心を持つだろうと彼は説明し、セルバンテスに、このような方向性を反映させることを余儀なくされていることを主張しました。

リチャード・ブエノ学術所長は2018年の年鑑の構造を、386ページで、4章に分けるという提示をしました。研究者とアルカラ大学教授ダビッド・フェルナンデス・ヴィトレスにより作成された第一章の「スペイン語:生きた言語、2018年レポート」 では、以下の更新データを強調しています。

  • スペイン語は中国語の次に話者数が多い、世界で2番目の母国語です。
  • また、グローバルな数において第2言語(ネイティブ領域+スペイン語能力に限りがある話者+スペイン語学生)でもあります。
  • 2018年には外国語として2100万人以上の学生がスペイン語を学んでいます。
  • スペイン語学習への関心は、英国圏の主要な2つの国、特に米国とイギリスで重要です。
  • 米国では、スペイン語はあらゆるレベルの教育において最も勉強されている言語です。
  • 英国では、スペイン語は将来のために最も重要な言語として認識されています。
  • 世界のGDP(スペイン国内総生産)に対するスペイン語圏の国全体の貢献度は6.9%です。
  • スペイン語は、英語と中国語に次ぎ、ネット上で3番目に広く使用されている言語で
  • Wikipedia、Facebook、Twitterで2番目に多く使われている言語です。
  • 世界の科学生産におけるスペイン語圏の国々の参加は、1996年以降着実に成長し続けています
  • ヒスパニックの文学、音楽、または絵画の国際的な予測は、科学の分野でのそれをはるかに上回ります。
  • スペインは、英国と米国に次いで、世界第三位の本の輸出国です。
  • スペイン語圏の2つの国(スペインとアルゼンチン)は、国際出版社協会によると、世界の15の主要な書籍制作国に数えられています。
  • スペインは書籍制作では8位、出版部門では市場価値の9位を占めています。 (書籍市場は2013年に2,708百万ユーロと評価しました)。
  • スペイン、アルゼンチン、メキシコは、世界で15の主要な映画制作国に挙げられています。

2018年年鑑の第2章は、「世界のスペイン語と文化の進化」に、 第3章は「世界のスペイン語教育の進化」について書かれています。われわれの言語教育の国際的存在の地図作成を関連付けしていき、毎年新しいセクションを立ち上げます。

最後の章では、五大陸の研究所の存在と、すべてのセンター、教室の詳細、また、スペイン本部に加えて、44カ国の85都市による分散拡張についても同様に、施設の事務総長が要約しています。

セルバンテスは国務庁公式公報(AEBOE)と協力して年刊誌を出版しており、研究所のデジタル図書館からアクセスできるEPUBにおけるデジタル版があります。

ダウンロードレポート(スペイン語):«スペイン語:生きた言語2018»

これは、セルバンテス研究所のプレス部門が作成した情報の要約です。 スペイン語での完全な情報を見るにはクリックしてください

翻訳 成田 千恵

11/15海外マンガフェスタにスペイン人マンガ家参加!

来る11月15日に東京で海外マンガフェスが開催されます。
セルバンテス文化センターも参加、人気スペイン人マンガ家を招き、スペイン発のマンガやグラフィック・ノベルの展示を行います。海外マンガフェスタの情報はこちら

kaigaimanga copy
スペインから見た日本のマンガ熱
日本人のマンガが好きは世界的に有名です。日本に来るスペイン人がます驚くのは、地下鉄では子どもから大人、あらゆる人がマンガを読んでいることです。この国のマンガ産業の重要性と、いかにマンガが生活の一部になっているかをあらわしているようですね。

スペインではここ数年、マンガの売り上げは再び上昇しているものの、人気は前より高くありません。前より、というのは、1940年から1980年にかけてスペインマンガが黄金期を迎えた時期で、コママンガや子供向けのマンガは、青少年に人気のある娯楽だったからです。

主要なマンガ雑誌を紹介するとPulgarcito, Mortadelo, DDT, Lily, Pinocho
、TBO(tebeo:スペイン語でマンガ、この雑誌の名前に由来する)があります。El Capitán Trueno, Esther, Zipi y Zape o Mortadelo y Filemónといったキャラクターはとても人気です。

スペインのマンガ事情
 残念ながらスペインでは1990年代初めにほとんどのマンガ雑誌が廃刊になりました。けれどそのおかげでアメリカと日本のマンガの需要が高まりました。今でも日本のマンガはナルト、ドラゴンボール、セーラームーンなどが若者にとても人気です。子どもたちが外国のマンガを読む機会がますます増えてきているようです。

若者や、それ以外の人々も、少しずつマンガに関心を持つようになっています。世界有数のマンガ書店がスペインにあることを知っていますか?それはアキラという名前で、さまざまな漫画家の原画が展示されています。名前は大友克洋氏の名作AKIRAに由来しています。2012年にはアイズナー賞を受賞し、世界一の本屋として認められました。まさにマンガ界の横綱ですね。
http://ccaa.elpais.com/ccaa/2015/09/16/madrid/1442403944_516423.html

新しい漫画家たちのスタイルやテーマは数十年前のものとは大分異なりますが、海外マンガの影響を受けて、ますます多くのスペイン人作家が国際的に活躍するようになっています。

Cómic

新世代のスペイン人マンガ家、ケニー・ルイス来日!
今回セルバンテス文化センターは、東京マンガフェアに、新世代のスペイン人マンガ家、ケニー・ルイスを招きます。
“El Cazador de Rayos(王の狩り人)”, “Barcelona(バルセロナ)” “Dos Espadas(2つの剣)”シリーズの著者で、バルセロナマンガサロンで様々な賞を受賞しています。ぜひ今年のフェスに立ち寄って、その作品と作家に触れてみてください!。
http://www.kennyruiz.com/

また、セルバンテス文化センター東京内の、フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館にはスペインで大人気のマンガの代表作が所蔵されていますので、こちらもぜひお越しください!スペイン語学習にはとてもいい練習になりますよ!

 (Elena Alma筆/Seiho Ide訳)

セルバンテス館長コラム「スペイン語の流儀」

みなさまの中に、2月の半ばまで読売新聞の夕刊に掲載されていた、
セルバンテス文化センター東京館長のコラムを目にした方がいるかもしれません。
全4回の掲載を見逃してしまった方のために、2回にわけて切り抜きをご紹介します。

館長はグラナダ出身、若かりし頃フラメンコダンサーになるべく、
踊りに磨きをかけていた、という経歴を持つだけあって、
フラメンコ文化には特に造詣が深いのが見てとれますね。

特に昨年開催されたクンブレ・フランカ・エン・ハポンで見た、
日本人フラメンコダンサー、そしてギタリストのみなさんの踊りと演奏には、
そのレベルの高さに本当に驚いていました。

速報! セルバンテス文化センター東京にて 日本初!今井翼さんをスペイン文化特使に任命

今日、6月14日(木)セルバンテス文化センター東京にて今井翼さん(以下翼さん)のスペイン文化特使任命式が開催されました!翼さんと言えばNHKテレビスペイン語会話にも出演した経験あり、フラメンコやサッカーが好きで実際にスペインを訪れたこともあるそうです。

(もっと読む)

セルバンテス児童・青少年文学の日

5月19日(土)の午後、セルバンテス文化センター東京の多目的室で真剣にお菓子づくりに取り組んでいる子供たちの姿を目にしました! 世界各国のセルバンテス文化センター支部と一緒に、セルバンテス児童・青少年文学の日を子供の料理教室でお祝いするために集まってくれたアメリカ、コロンビア、スペイン、日本、メヒコと国籍、年齢、性別も異なる子供たちです。

先生はシェフ、クリスティアーネ・カスティージョ。レシピも特別に教えてもらいました!

(もっと読む)

キューバ映画上映会

 

今週末のイベントのご予約はお済みですか?10(木)~12日(土)までキューバ映画上映会を開催します。ラテンアメリカ諸国の中でもすぐれた映画の数々を制作しているキューバ。そこで生まれた新旧名作そして日本未公開作品も含めなんと一挙に6本の上映です!

(もっと読む)

世界演劇の日・舞台芸術の日

去る3月27日(火)の世界演劇の日・舞台芸術の日にセルバンテス文化センターでアマチュアの俳優による演劇が披露されました。世界演劇の日ってどんな日かご存知ですか?

イベントの様子をレポートしますので演劇の世界を覗いてみてください!

(もっと読む)

出版発表会 アンドレス・パスカルと『El haiku de las palabras perdidas』

4月5日(木)にスペイン人作家、アンドレス・パスカルの最新作出版『El haiku de las palabras perdidas』を記念して講演会を開催します。

スペイン人作家と日本の俳句、どんな関連性があるのでしょうか?

(もっと読む)

2月の土曜映画上映会

2011年も気が付けば既に1ヶ月が経ち、まだまだ寒さが続く2月。ブログを読んでくださっている皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
2月はスペイン及びスペイン語圏の映画界ではその結果から目が離せない、“ゴヤ賞”の結果がわかる月ですが映画好きの皆さんは何か気になっている作品はありますか?
さて2月の土曜映画上映会でご紹介する『パンズ・ラビリンス』は、このゴヤ賞でも脚本賞・新人女優賞・撮影賞・特殊効果賞など多くの部門で賞を獲得した作品です。

(もっと読む)

セルバンテス文化センター東京施設案内!

セルバンテス文化センターが東京で業務を開始したのが2007年の9月。今までにも多くの方にセンターのイベントやスペイン語コースを楽しんで頂いていますが、ここで改めて施設と組織のご案内をしたいと思います!今までセルバンテス文化センターのことを知らなかった方々にも知ってもらえたらと思います♪

フアン・カルロスI世スペイン国王陛下

マドリッド本部

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2018. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es