セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

【6月8日の読書倶楽部】スペイン語でラテンアメリカ文学作品を読もう! 

Hipster guy with book . Mixed mediaセルバンテス文化センターでは毎月、読書倶楽部を開催しています。司会の進行で課題図書について、スペイン語で意見交換します。図書館会員の方になると、どなたでも無料で参加いただけます。

次回の開催日は6月8日(土)の10:30から。ペルーの小説家マリオ・バルガス・リョサの『El Hablador(邦題: 密林の語り部)』について、皆で読書体験をシェアします。

ラテンアメリカ文学を代表するノーベル賞作家

マリオ・バルガス・リョサは、ペルー出身のラテンアメリカ文学を代表する小説家です。マドリード・コンプルテンセ大学で博士号を取得するとパリに渡り、AFP通信社やラジオ局などに勤務。その後、1952年に短編集『ボスたち』で小説家としてデビューします。1994年にスペイン語圏最大の文学賞であるセルバンテス賞、2010年には「権力構造の地図と、個人の抵抗と反抗、そしてその敗北を鮮烈なイメージで描いた」として、ノーベル文学賞を受賞。初のペルー国籍ノーベル賞受賞者となりました。彼の作品は30ヵ国語以上に翻訳されています。

また、政治家としても活動しており1990年には、母国ペルーで大統領選に出馬するも、決選投票でアルベルト・フジモリに敗れました。

リョサは、現在も小説家の枠にとどまらず、スペイン「エル・パイス」紙へ寄稿など、ジャーナリストとしても活躍を続けています。

『El Hablador』について知ろう

1987年に発表された『El Hablador』は、邦訳版も出ており『密林の語り部』(西村英一郎 訳 岩波文庫 刊)、が日本で出版されています。

<あらすじ>
アマゾンの未開部族「マチゲンガ族」に魅了された「私」と、その友人であるユダヤ人の青年が登場し、過去と現在を行き来する。マチゲンガ族の語り部を通して、「物語る」ことの意味を問う、ラテンアメリカ文学の代表作。

今後の日程:

(土曜日10:30-11:30)
6月8日「El hablador, Mario Vargas Llosa」
8月31日「La casa de Mango Street, Sandra Cisneros」
予約はこちらからどうぞ。

参考リンク:
マリオ・バルガス・リョサ オフィシャルウェブサイト
「エル・パイス」 マリオ・バルガス・リョサ
ウィキペディア マリオ・バルガス・リョサ

文・上田紋加

ラテンアメリカ文学への誘い4月スタート

昨年開講し、好評を博したグレゴリー・サンブラーノ先生のラテンアメリカ文学講座が4月から再スタートします。
今年はフリオ・コルタサル生誕100周年を記念する特別講座となります。
ラテンアメリカ文学を代表する作家の、深遠なる世界を探求してみませんか?
本講座はスペイン語で行われます。

Gregory Zambrano foto2

ベネズエラ出身のサンブラーノ先生のやさしい人柄も魅力です

Curso de literatura:
El mundo fantástico de Julio Cortázar
(Homenaje en su centenario: 1914-2014)

Impartido por el Prof. Gregory Zambrano (Universidad de Tokio)

Este año se celebra en el mundo hispánico el primer centenario del nacimiento de Julio Cortázar. Novelista, cuentista, ensayista, fotógrafo, Cortázar ha sido considerado como uno de los principales renovadores del género narrativo en la literatura hispanoamericana del siglo XX. Este curso explora los elementos innovadores del relato y propone la lectura e interpretación de algunos de sus textos emblemáticos.

Sesión 1: Julio Cortázar. Vida y obra. Aportes al género narrativo y a la corriente fantástica.
Sesión 2: El mito clásico y el tema de la inmortalidad. Lectura y análisis de “Una flor amarilla”.
Sesión 3: El motivo de la metamorfosis. Lectura y análisis de “Axolotl”.
Sesión 4: La sátira política. Lectura y análisis de “Casa tomada”.

América Latina y su literatura,
Con Gregory Zambrano
Viernes 18 de abril, 16 de mayo, 20 de junio y 18 de julio, de 18:00 a 19:00
(Precio 8.000 yenes)
Idioma: español

Informaciçon de la inscripción:
http://tokio.cervantes.es/jp/cursos_espanol_jp/inscripcion_jp.htm

スペイン美術講座、ラテンアメリカ文学講座が開講します!

新緑が目に鮮やかな季節になりましたね!
春は何か新しいことを始めるにはぴったりの季節。
そんな気分の方におすすめなのが、5月から開講するこのふたつの文化コースです♪

Profesor Albert Barbe

Profesor Albert Barbe

コース番号: CUL012
スペイン美術の歴史、エル・グレコからアントニオ・ロペスまで

講師:アルベルト・バルベ
言語:日本語
日程:5月28日(火)、6月25日(火)、7月30日(火)、8月27日(火)
時間:18:30~19:30 
参加費:8.000円
定員:10~20名

大学、アカデミーなどでアートクラスを担当する講師アルベルト・バルべ氏が
ルネッサンスから現代までスペイン美術を代表するアーティストらを、
神話、哲学、政治的、肖像、風景画などの切り口からその魅力をご紹介します。
スペイン人講師の方から、生の情報をしかも日本語で伺えるのが魅力ですね。

もうひとつの講座は、ベネズエラ人の詩人、文学批評家、現東京大学中南米科講師による
生きたラテンアメリカの文学講座です。
スペイン語で行なわれるのでスペイン語コース中級から上級の方で、スペイン語を
別の角度から見たい、または掘り下げてみたい方におすすめです。
サンブラーノ先生はとても暖かい方なので、そのお人柄も大きな魅力です。

ラテンアメリカ文学はなぜ日本で人気が高いのでしょう?今一番ラテンアメリカで売れている作家は?
ラテンアメリカ文学のマジックリアリズムは今も続いているのでしょうか?
ラテンアメリカの作家は何をどう読んでいるのでしょう?
その答えを知りたい方は、本講座にぜひお越しください。

Profesor Grégory Zambrano

Profesor Grégory Zambrano

¿Por qué la literatura de América Latina despierta tanto interés entre los lectores de Japón?
¿Quiénes son los autores latinoamericanos que más se leen actualmente?
¿Sigue siendo mágica y realista la literatura de América Latina?
¿Qué leer y cómo leer a los autores latinoamericanos?
Si quieres saber las respuestas a estas preguntas, ven al Instituto Cervantes de Tokio y entérate:

Número de curso: CUL011
América Latina y su literatura (curso introductorio)
Expositor: Gregory Zambrano
Fechas: viernes 24 de mayo, el 7 y el 28 de junio y el 12 de julio de 18:30 a 19:30
-Primera sesión: Los novelistas y sus mundos imaginarios.
-Segunda sesión: Los cuentistas y los juegos del lenguaje.
-Tercera sesión: Los poetas y la invención de los sentidos.
-Cuarta sesión: Los ensayistas y la realidad interpretada.
Precio: 8.000 yenes
Mínimo 10 alumnos, máximo 20
Idioma: español

文化講座参加の手続き
ご希望の方は、以下のウェブサイトのステップ2から手続きを行ってください。
http://tokio.cervantes.es/jp/cursos_espanol_jp/inscripcion_jp.htm
みなさんのご参加をお待ちしております!
お問い合わせに関しては以下までご連絡ください。

セルバンテス文化センター文化部大窪(おおくぼ)
prentok@cervantes.es

© Instituto Cervantes 1997-2019. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es