セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

インスティトゥト・セルバンテス東京公式ブログ

インスティトゥト・セルバンテス東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

アカプルコを通って日本からスペインへ: スペインと日本の関係の起源についての簡単な説明(その2)

Hasekura_en_Roma

前回の私たちのブログの記事では、侍、支倉と修道士ルイス・ソテロがスペイン国王フェリペ3世と教皇パウロ5世に会うために、メキシコからスペインに向けて出発したところでお話が終わっていました。

私たちの旅行者は、1614年10月5日にサンル-カル・デ・バラメダに到着しました。そこでは、彼らはメディナ・シドニア公に迎えられました。その後、彼らはセヴィージャ、コリア・デル・リオ、コルドバとトレドを通り、異国情緒あふれる大使館に敬意を払いました。最後に、彼らはマドリッドに到着し、国王フェリペ3世によって迎えられました。

支倉と修道士ソテロは、国王にスペインとの商業同盟を求めるとともに、日本の伝道プロセスを援助するために、より多くのフランシスコ会修道士を送ってもらえるよう依頼しました。さらに、侍、支倉は、王たちの前でキリスト教の洗礼を受け、フェリペ・フランシスコというキリスト教徒の名前を授かることとなったのでした。一方、修道士ソテロは、ローマに行くために財政的支援も要請しました。この援助については、裁判によって8ヶ月かかった後、ようやく認められました。

代表団はサラゴサを通過し、バルセロナでジェノヴァに向けて出航し、1615年10月にローマに到着しました。教皇パウロ5世は、それを受けて、彼らが提示したすべての請願を支持していました。しかし、彼は約束はしたくありませんでした。最終決定はスペイン国王の決断にゆだねるべきだと判断していました。

一方、日本では徳川家康が死亡しました。その事実は日の出の国の政治経済状況を変えました。キリスト教徒に対する迫害を強化していた日本のキリスト教徒の悪化状況に関するニュースは、ヨーロッパにまで届いていました。

このような状況の下、1616年1月、日本大使館はスペインに向けて出発し、マドリッド裁判所に向かう途中で、手紙により彼らの要求が受け入れられなかったことを知らされました。彼らはまだセヴィージャにいたのですが、侍、支倉と修道士ソテロは自分たちの要請を受け入れてもらえるよう、再度、枢機卿ボルゲーゼ、教皇と国王に何通かの手紙を送るという最後の努力をしたものの、結果的に無駄な努力となってしまいました。

1617年7月4日、彼らはメキシコに向けて出発し、1618年にマニラに到着しました。支倉は1620年にようやく日本に帰る許可を得られましたが、それまで絶え間なく届いていた支倉の知らせはここで途絶え、1622年、支倉の死因は誰にも知られないまま、彼は逝去することとなってしまいました。

修道士ソテロは日本におけるキリスト教徒の扱いが悪化している状況にもかかわらず、1622年、商人になりすまし、日本に戻ります。けれども、すぐに捕らえられ、1624年に長崎の近く大村で生きたまま焼かれてしまいました。

要するに、この10年近くにわたる世界一周の旅は、日本とスペインの間の商業協定と、日本のキリスト教普及におけるより大きな協力という主要目標には達することはできませんでしたが、これまで遠く離れた2国間の最初の外交接触となったのでした。

目標は達せられなかったものの、現在でもなお、その冒険の証拠と痕跡を見つけることができます。いくつかの国の書庫で当時の書簡や書類が保存されています。また、絵画には西洋風に装った支倉を見ることができます。そして、コリア・デ・リオのような場所やスペインにおいてさえも、おそらくこの最初の日本大使館に起源を持つと考えられる「ハポン」という苗字の人々が今でも存在しています。

本文 ウ-ゴ・パラシン・ホルダン

翻訳者 成田千恵

書誌

スペインと日本の知られざる(?)関係!

先日の読売新聞(夕刊)に、『サムライの末裔?スペインのハポンさんDNA鑑定』というニュースに目を奪われてしまいました!スペインに「ハポン」という姓があるということを皆さんは御存知でしたか?

スペインのコリア・デル・リオにある支倉常長像

(もっと読む)

『ラ・ペパ』と中南米諸国との関係

3月19日(月)の19:00時から、セルバンテスでスペイン1812年憲法(カディス憲法)の制定200周年を記念して講演会が開催されます!スペインからは政治学者で現代政治学のエキスパート、フェルナンド・バジェスピン氏に講演していただきます。

  

(もっと読む)

講演会:「ラ・ペパ」制定200周年を迎えて

皆さんは「ラ・ペパ」という言葉を耳にしたことはありますか?スペインの歴史や憲法に関心がある方は聞いたことがあるかもしれません。実はこれ、1812年に制定されたスペイン憲法の愛称なんです。なんでLa Pepaなんでしょう?

(もっと読む)

スペイン料理I☆詳細!

来る2月15日(水)から文化コース「スペイン料理I」の登録期間が始まります!講座の詳細が届いたので、ご紹介しますね☆スペイン料理の魅力を料理の素材や各地方の食文化、歴史など、たっぷりと学べる講座となっています。試食体験もできるので、食が好き、スペインが好きという方にはピッタリの講座です。登録期間は2月22日(水)まで! 

(もっと読む)

展覧会:『イダルゴと侍』

4月28日(木)19時より開催される上映会&トークショー『日本の海に沈んだスペインの宝』の実施にあわせて、『イダルゴと侍』展覧会を開催します。御宿の沖合でスペインのガレオン船サンフランシスコ号が座礁したことから始まったスペインと日本の外交の歴史をパネルで分かりやすく説明されています。スペインと日本の外交史を見つめなおす展覧会となることでしょう。

(もっと読む)

出版記念講演「スペイン文化事典」

2011/01/24 | イベント | | 1 comentario

スペイン好きの皆さんに朗報です。大好きなスペイン情報がいっぱいに詰まった事典が丸善から出版されました!延べ860頁、14分野・約370テーマに執筆者数150人を迎えて編纂された事典です!これを記念して、歴史や美術、闘牛からサッカー、ファッション、食生活他、各分野のエキスパートである執筆者らを招いて、出版発表会を行ないま す。スペイン好き納得の、情報盛りだくさんの記念講演。1月28日(金)19:00スタート!

(もっと読む)

春の文化コース2011:スペインワインの歴史

ワイン好きの方や、ワインに興味をお寄せになっている方にお勧めの文化コースです。スペイン語と日本語で実施されます。

セルバンテス文化センターが開催するこのコースは各レッスン1時間半の全5回の構成となっています。

(もっと読む)

講演&コンサート:ラテンアメリカ諸国独立200周年

今年2010年もそろそろ終わりに近づいてきましたね。年末で仕事や忘年会などに追われている人も多いのではないでしょうか?2010年といえば、様々なラテンアメリカ諸国が独立200周年を記念してイベントなどの祝賀記念事業を行っていましたね。

ということで、本年を締めくくるという意味でも、そしてラテンアメリカの文化にどっぷりと漬かってみる為にも次のイベントは見逃せませんよ!12月14日(火)19時より開催される講演会&コンサート「音楽と大西洋~スペイン・アメリカを渡った音楽家たち(16-18世紀)」です!

(もっと読む)

11月の土曜映画上映会 『命を燃やして』

メキシコ映画と聞くと、皆さんはどんな作品を想像するでしょうか。
場末のバルで口髭をたくわえたちょっと恰幅の良いおじさん達がテキーラのショットをひっかけながら、とんがりコーンみたいな帽子を被ってマリアッチを歌い合う…それともサボテンがひしめく荒野でのピストルの撃ち合いとかでしょうか。

映画がお好きな方はご存知かと思いますが、メキシコは映画産業においても非常に発展した国で、スペイン語圏の中ではアルゼンチンペルーチリに並び良質な作品や才能ある監督・俳優を多数輩出していることで有名です。


(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2018. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es