セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ゴールデングローブ賞・・・受賞には至らずとも。

アカデミー賞ととても関連づけて注目されるゴールデングローブ賞。その発表が日本時間の1月18日にありましたね!メディアで報道されているのは『アバター』などですが、個人的に注目していたのは、スペインを代表する監督ペドロ・アルモドバルの作品『抱擁のかけら(原題:Abrazos Rotos)』でした。

アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』

アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』

(もっと読む)

図書館の活用法。

今朝、『ペネロペハビエル・バルデムが12月に結婚するかも?』なんていうエンタメ情報がネットに載っていました。スペインを代表する国際的女優&俳優のビックカップルが本当に結婚したら、スペインでは大騒ぎなんだろうな・・と、想像して楽しんでおります。

さて、私がペネロペを素敵!と思ったのが、アルモドバル監督作品の『Volver<帰郷>』という映画でした。当時はスペイン語が今よりも出来なかったので、内容を正しく理解できていたかどうか・・・そんなことを考えていたら、先日のセルバンテスのメルマガ図書館情報を思い出しました!図書館って映画の脚本が置いてあるんですよね!

アルモドバル監督作品『Volver』

アルモドバル監督作品『Volver』

(もっと読む)

映画上映会: ペドロ・アルモドバル:バッド・エデュケーションな初期作品

ペドロ・アルモドバルの初期の短編作品「禁断の恋人達のための序章」とペドロ・アルモドバル、ファビオ・マクナマラによる1983年の抱腹絶倒の音楽ビデオを上映いたします。その後、ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルティネス主演の「バッド・エデュケーション」を35mmフィルムで上映いたします。

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es