セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

スペイン美術講座、ラテンアメリカ文学講座が開講します!

新緑が目に鮮やかな季節になりましたね!
春は何か新しいことを始めるにはぴったりの季節。
そんな気分の方におすすめなのが、5月から開講するこのふたつの文化コースです♪

Profesor Albert Barbe

Profesor Albert Barbe

コース番号: CUL012
スペイン美術の歴史、エル・グレコからアントニオ・ロペスまで

講師:アルベルト・バルベ
言語:日本語
日程:5月28日(火)、6月25日(火)、7月30日(火)、8月27日(火)
時間:18:30~19:30 
参加費:8.000円
定員:10~20名

大学、アカデミーなどでアートクラスを担当する講師アルベルト・バルべ氏が
ルネッサンスから現代までスペイン美術を代表するアーティストらを、
神話、哲学、政治的、肖像、風景画などの切り口からその魅力をご紹介します。
スペイン人講師の方から、生の情報をしかも日本語で伺えるのが魅力ですね。

もうひとつの講座は、ベネズエラ人の詩人、文学批評家、現東京大学中南米科講師による
生きたラテンアメリカの文学講座です。
スペイン語で行なわれるのでスペイン語コース中級から上級の方で、スペイン語を
別の角度から見たい、または掘り下げてみたい方におすすめです。
サンブラーノ先生はとても暖かい方なので、そのお人柄も大きな魅力です。

ラテンアメリカ文学はなぜ日本で人気が高いのでしょう?今一番ラテンアメリカで売れている作家は?
ラテンアメリカ文学のマジックリアリズムは今も続いているのでしょうか?
ラテンアメリカの作家は何をどう読んでいるのでしょう?
その答えを知りたい方は、本講座にぜひお越しください。

Profesor Grégory Zambrano

Profesor Grégory Zambrano

¿Por qué la literatura de América Latina despierta tanto interés entre los lectores de Japón?
¿Quiénes son los autores latinoamericanos que más se leen actualmente?
¿Sigue siendo mágica y realista la literatura de América Latina?
¿Qué leer y cómo leer a los autores latinoamericanos?
Si quieres saber las respuestas a estas preguntas, ven al Instituto Cervantes de Tokio y entérate:

Número de curso: CUL011
América Latina y su literatura (curso introductorio)
Expositor: Gregory Zambrano
Fechas: viernes 24 de mayo, el 7 y el 28 de junio y el 12 de julio de 18:30 a 19:30
-Primera sesión: Los novelistas y sus mundos imaginarios.
-Segunda sesión: Los cuentistas y los juegos del lenguaje.
-Tercera sesión: Los poetas y la invención de los sentidos.
-Cuarta sesión: Los ensayistas y la realidad interpretada.
Precio: 8.000 yenes
Mínimo 10 alumnos, máximo 20
Idioma: español

文化講座参加の手続き
ご希望の方は、以下のウェブサイトのステップ2から手続きを行ってください。
http://tokio.cervantes.es/jp/cursos_espanol_jp/inscripcion_jp.htm
みなさんのご参加をお待ちしております!
お問い合わせに関しては以下までご連絡ください。

セルバンテス文化センター文化部大窪(おおくぼ)
prentok@cervantes.es

アートプロジェクト『GAREKI』

セルバンテスのトップページをご覧頂いているとお気づきになった方もいるかもしれません。スペイン人アーティスト、ホセ・マリア・シシリア氏は現在アートプロジェクト『GAREKI(瓦礫)』の制作を手がけていて、そのバナーをセルバンテストップページにも掲載しています。今回はそのプロジェクトをご紹介したいと思います♪

(もっと読む)

ワークショップ2『ペットロイドワークショップ』

廃材を利用した「ドラップ・アート展」にちなんで開催されるワークショップ、『ペットロイドワークショップ』です!2月に開催された「モンスターをつくろう」のワークショップも大好評。ちびモンスターたちがセルバンテスで暴れてくれました♪ 今回はペットボトルのロボットが出没するか、楽しみですね☆

(もっと読む)

国際漫画賞最優秀賞を日系スペイン人アーティストが受賞!

スペインの漫画・アニメが熱い!今回、スペインのアーティストが第5回国際漫画賞(外務省主催)で最優秀賞を受賞しました!おめでとうございます☆受賞したのは、マドリッド出身のアーティストホセ・マリア・ケン・ニイムラ氏!以前、こちらのブログでも別のスペイン人作家が文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞というニュースをご紹介しましたが、今、スペインの漫画・アニメのレベルが高い評価を受けています☆

(もっと読む)

現代美術家のアントニ・タピエス氏死去

訃報です。欧州現代美術界の巨匠の一人とよばれたスペインの現代美術家、アントニ・タビエス氏が昨日2月6日、バルセロナで亡くなりました。88歳でした。

(もっと読む)

『ドラップ・アート』展のオープニング風景

先日オープニングを向かえ、現在も開催中の廃材アート展『ドラップ・アート』。こちら、オープニング当日にはこの展覧会にも作品を出品しているアーティストによるパフォーマンスがありました☆その時の写真をアーティスト本人が皆さんとシェアしたいと送ってきてくれたので、この場をかりていくつかご紹介します♪

 

(もっと読む)

開催中!廃材アート展『ドラップ・アート』

セルバンテスの入り口に突如現れた「クマ」のオブジェ。これ、よく見ると扇風機の廃材を作って創られたなんとも愛らしいクマなんです。そんな廃材を使ったユニークなリサイクルアートを楽しめる「ドラップ・アート」展が開催中☆ 会期は4月13日(金)まで。期間中にもワークショップなど、関連イベントがあるので要チェックです!今度のワークショップは2月18日(土)です。

(もっと読む)

いよいよ明日!廃材アート展☆オープニング☆

廃材を昇華させてアートにしてしまう。そんな廃材を使ったアート展『ドラップ・アート』のオープニングがとうとう明日になりました!見ごたえたっぷりの展示会です。開催期間中は是非、足を運んで下さいね♪ 1月19日~4月13日まで。

オープニングではパフォーマンス「スーパーウーマンシバ」も行われます。

(もっと読む)

廃材アート展覧会「ドラップ・アート」

昨年、大震災を受けて始まった節電生活。節電を通じて、多くの方が環境や消費、生活のあり方を再考したのではないでしょうか?消費をせずには生きていけない。でも『過剰な』消費というライフスタイルはどうなのだろう・・?

来る1月19日(木)から開催される「ドラップ・アート」展は、廃材を利用したアート展。消費と環境というテーマをアートの視点から見つめ、考察するきっかけを与えてくれます。オープニングは19日(木)19時より。さらに、展覧会の開催期間中にはワークショップも開催されるので、要チェックです☆

CRISTINA PINO

(もっと読む)

映画・音楽フェスティバル『ドゥエンデ』情報!

11月末から、セルバンテスでは映画・音楽フェスティバル『ドゥエンデ』を開催します!このフェスティバル専用のサイトも新開設☆情報も充実しています!

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es