セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

サン・ジョルディの日を子供たちとお祝いしましょう!

2013/04/05 | イベント, セルバンテスでのイベント情報, セルバンテス最新情報, ニュース, 今後のイベントのお知らせ | | Comentarios desactivados en サン・ジョルディの日を子供たちとお祝いしましょう!

バラと本を贈りあうサンジョルディの日をみなさんご存知ですか?
スペイン、カタルーニャの伝統の日で、毎年4月23日に行なわれます。
この日は街中がバラと本で埋め尽くされるほど盛んです。

昨年のサンジョルディの日の様子

昨年のサンジョルディの日の様子

セルバンテス文化センターでは、この日を記念して4月20日(土)に
盛りだくさんの楽しいイベントを予定しています。

子供のワークショップ、コンサート、読み聞かせ、有名シェフによる
子供向けのピンチョスの試食などなど、大人はカヴァで乾杯しましょう!

みなさんのお越しをお待ちしています!

バラオナシェフによる子供向けピンチョスの紹介(昨年の様子)

バラオナシェフによる子供向けピンチョスの紹介(昨年の様子)

日時:2013年4月20日(土)
会場:セルバンテス文化センター2F

サンジョルディの日 プログラム
11:30 開場
11:45 カタルーニャの絵本読み聞かせ(宇野和美さん)
12:00 音楽ミニコンサート (チェロ 西方正輝さん)
12:30 カタルーニャ料理とカバで乾杯(ジュゼップ・バラオナシェフ)
13:10 サン・ジョルディ伝説 子ども参加パフォーマンス
13:20 バラの交換会
13:45 子供たちによるスペインファッションショー
14:30 『FCバルサとカタルーニャ』 講演会とサイン会(田澤耕先生)
15:00 音楽ミニコンサート

展覧会:「闘牛-ふたつの視点」 アントニオ・カナレスによるフラメンコ「闘牛士」で開幕

7月15日(水)から新しい展覧会が始まっています!テーマはスペインの伝統文化であり、一方動物愛護の理由からバルセロナが州都のカタルーニャ州では今年から法律で禁止されている闘牛。複雑な要素を持つテーマですが6人の写真家の異なった観点で写しだされた作品の数々とビデオアートを上映中。

(もっと読む)

サン・ジョルディの日

ゴールデンウィークをどのようにお過ごしですか?スペイン語クラスはお休みですが、復習に充てている生徒さんもいるのではないでしょうか。残念ながらお天気があまりよくないので、本を読んで過ごしてみるのもいいですね。
さて、4月23日は「世界本の日」、「サン・ジョルディの日」でした。

 

(もっと読む)

4月21日(土)開催 「サン・ジョルディの日」フェスタ・「世界本の日」ペルー人作家講演会

子供から大人まで楽しめるイベント!

日本では「読書の秋」と言われいてるので本というと秋をイメージするかもしれません、がユネスコにより4月23日は「世界図書・著作権の日(World Book and Copyright Day)」として指定されています。

また、この日はスペインのバルセロナが州都のカタルーニャ地方では本と花を贈り合う「サン・ジョルディの日」なのです。

(もっと読む)

講演+演奏会:「チェロの巨匠カザルスとその時代」

12月14日(水)19時より、カザルス来日から50周年を記念して、この偉大なチェリストの音楽公演を開催します。彼の生きた時代の魅力的な文化、国際情勢を、八嶋由香利先生と細田晴子先生に伺います。またカザルスの孫弟子でもあるチェリスト・国際政治学者の半澤朝彦先生に音楽史の中のカザルスについてお話しいただき、その後新進気鋭の若手演奏家が、カザルスにちなんだ名曲を演奏します。

(もっと読む)

建築展『建築はランドスケープである』

超☆限定で開催されるビデオアートの建築展『建築はランドスケープである』は、9月27日(火)~30日(金)まで開催中です!会場はセルバンテス地下1階のオーディトリアム。今回の企画は世界最大級の建築のイベント『UIA大会』が東京で開催されるのにちなみ、企画された特別ビデオアート展です!

(もっと読む)

建築家:隈研吾氏が語るシンポジウム

日本を代表する建築家・隈研吾氏がセルバンテスのシンポジウム『景観再生』にスピーカーとして参加します。3月に発生した地震・津波により多大なる被害を受けた被災地の復興について、語って頂く予定です。

9月29日(木)19時よりスタートのシンポジウム『景観再生』へのご予約をお待ちしています。

(もっと読む)

村上春樹氏がカタルーニャ国際賞受賞!

スペインでの作家・村上春樹さんのブーム旋風はやむところを知らないようです。今日のウェブ上でのニュースでは「村上春樹氏、カタルーニャ国際賞2011を受賞!」という文字がスペインの報道を賑わせています♪ スペインでは1Q84もとても人気を博しているようですよ。

『スペイン・カタルーニャの風習から』読売新聞5月2日(夕刊)掲載!

先月、サン・ジョルディの日のイベントをセルバンテスで開催したことが5月2日付の読売新聞(夕刊)で紹介されました。サン・ジョルディの日に本を贈るという習慣に因んで、東日本大震災で被災した子どもたちに児童書の寄付を募った活動がとりあげられました。

記事を切り抜いたものがこちらです↓↓

(もっと読む)

『本の日』イベントのご報告。

先日、4月23日(土)、図書館で『本の日』を記念するイベントが行われました。当日は様々なアクティビティが行わたので、その活動をレポートしたいと思います。

4月の読書倶楽部の集まりもこのイベントのひとつのアクティビティとして開催されました。4月の図書はミゲル・デリーベスの“Viejas historias de Castilla la Vieja”(カスティージャ・ラ・ビエハの物語)。参加者は、田舎と都市のライフスタイルの違いについて活発に意見交換していました。また、この作品で初めてミゲル・デリーベスの作品と出会ったという声が多くありました。こうやって読書倶楽部などのアクティビティを通じて様々なスペイン語文学作品と出会っていただけることは嬉しいことです。

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es