セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ゴヤ賞2部門受賞:『皺(しわ)』上映!

先日ゴヤ賞2012の発表があり、作品『皺(しわ)』がアニメーション部門と脚色部門で2つの賞を受賞しました!その原作者であるスペイン人イラストレーター、パコ・ロカが同作品で文化庁主催の平成23年度メディア芸術祭コミック部門の優秀賞を受賞、贈賞式出席のため来日します。これを記念して、セルバンテス文化センターで は、受賞作『皺』を原作とするアニメーション映画の日本初上映を行います。

(もっと読む)

パコ・ロカが文化庁メディア芸術祭で受賞!

2011/12/16 | ニュース | | 1 comentario

以前、セルバンテスで対談してくれたスペインのクリエーターのパコ・ロカ氏が文化庁のメディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞しました!!!作品名は「Arrugas〜皺〜」です。おめでとうございます☆

(もっと読む)

ブックフェア:図書館への寄贈

7月に東京ビッグサイトで開催された東京国際ブックフェアでは、スペインがテーマ国だったことは皆さんの記憶にも新しいかと思います。ブックフェアでは多くの書籍が並びましたが、なんとその本がセルバンテス6階の図書館に寄贈されたんです!ということで、8月からはさらに多くの本をお楽しみ頂けますよ♪

(もっと読む)

読売新聞掲載:スペインのコミックヒーロー

先日このブログでもご紹介しましたが、東京ビッグサイトで開催されていた東京国際ブックフェアのテーマ国はスペインでしたね♪ そのブックフェア内でのスペイン・コミックパネル展が読売新聞で掲載されていました!

会場のスペインブース

会場のスペインブース

(もっと読む)

スペイン映画上映:María y yo

5月25日(水)18時30分より、スペイン映画『María y yo~マリアとボク~』を上映することになりました!2011年のゴヤ賞にもノミネートされた作品です。この作品は、明日24日(火)のスペインコミック展にも参加しているアーティストの一人、ミゲル・ガジャルド氏が、自身の娘さんとの日々の生活をドキュメンタリーとして撮った感動作品。明日のコミック展オープニングトークはモチロン、水曜日の上映会にもガジャルド氏本人が参加します!この映画作品の予告編をみたら絶対に全編をみたくなること間違いありません!こちらに紹介しますね♪

(もっと読む)

スペインコミック展覧会をちょっと先取り。

5月24日(火)18:30からスタートするスペインコミック展『ボクらと旅に出よう!』のオープニング準備が着々と進んでいます!その様子をこっそりとのぞいてきましたので、皆さんと少し先取りしたいと思います☆

(もっと読む)

スペインコミックが日本にやってくる!

つい先日『国立国会図書館と文化庁が「アニメマンガ協定」を結ぶ』という報道が流れました。このニュースを目にした方も多いのではないでしょうか?それだけ、コミックやマンガなどが「グラフィック文学」として、そしてアート作品として私たちの生活に根付いているということの裏づけなのかもしれません。そしてコミックやマンガが定着しているのは海外でもモチロンのこと!今回、なんとスペインのコミック展示がやってきます♪ 展覧会『ボクらと旅に出よう!』は5月24日(火)から!オープニングトークは同日18:30にスタートです。

(もっと読む)

ともに育む文化: スペイン×日本クリエイターの対話

来る9月1日(水)、セルバンテス文化センター東京に於いて『ともに育む文化』と題し、スペインと日本で活躍するクリエイターの対話が開催されます。

取上げられるテーマは大きく4つ:建築、モード、コミック・マンガ、そして文学です。
どのテーマをとっても、私たちの文化生活からは切離せない、そして関心度の高いものとなっています。

文学について対談する大江健三郎氏

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es