セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

テンデール・ア・マン@びーぐる

なんだか暑い日が続いて、夏の近づく足音が聞こえて気がするのは私だけでしょうか?暑くなったり、寒くなったりと気温差が激しい今日この頃ですが、スペイン語&関連文化イベントへの関心度は常に上げていきましょう!

さて、来る5月17日(火)19:00から行われる「テンデール・ア・マン」の追加情報を皆さんにご紹介しますね♪ なんと、このイベントで詩を朗読するYolanda Castañoが日本の季刊誌で紹介されました!

(もっと読む)

前衛アート『テンデール・ア・マン』来日:ガリシア語の日。

ガリシア語の日を記念して、アーティスト集団『テンデール・ア・マン』が来日公演をします!

テンデール・ア・マンとは、ガリシア語で「手を差し伸べる」という意味。この公演では、映像、ダンス、コンテンポラリー音楽と詩の融合をお楽しみいただけます。

(もっと読む)

アルゼンチン・コンテンポラリー・アート展『内なる叫び』

来る11月19日(金)より、アルゼンチン・コンテンポラリー・アート展『内なる叫び~セックスと廃頽と遊び~』が、セルバンテス文化センター東京2階にあるギャラリーで始まります!展覧会開催にあたって、オープニングレセプションが19日(金)20時から行われますので、是非お立ち寄りください。それでは、展覧会の情報をご案内します↓↓↓

ディエゴ・ペロタ作・“娼婦”シリーズ

ディエゴ・ペロタ作・“娼婦”シリーズ

(もっと読む)

コンテンポラリーダンス『5番目の女(La quinta mujer)』

暑さが厳しい日が続いていますが、皆さんは夏バテしていませんか!?しかし暑いとはいえ、夏はなんだか家や会社にいるだけじゃ勿体ない!仲間を誘って、来る8月2日にコンテンポラリーダンスの公演に出かけてみませんか?

(もっと読む)

オープニング間近!

来る2月26日(金)に、スペイン陶芸展『セルコ コンテンポラリー・セラミック』の展示会オープニング・レセプションがあります!一週間の仕事を頑張った自分への「ご褒美」に、ワインを味わいつつ陶芸のオブジェたちを見て楽しみませんか?レセプションは18:30からです。皆様のご来場をお待ちしています!

展示作品のひとつ:Miguel Ángel Gil作

展示作品のひとつ:Miguel Ángel Gil作

(もっと読む)

琴、尺八、ギターのコンサート!

皆さん、こんにちは!今週は秋晴れが続いて気持ちが良いですね。そんな月のきれいな夜に、新しいスタイルのコンサートに参加してみませんか?日本の古典楽器琴と尺八、そしてスペインを代表する楽器であるギターがコラボするという画期的なイベント『スペインx日本:交差するサウンド』。開催日は11月6日(金)19:00からです!

琴・尺八・ギター

『スペインx日本:交差するサウンド』

(もっと読む)

『オホス・デ・アグア』オープニングへ向けて。

来る10月23日(金)19:00『オホス・デ・アグア(水の目)』展がオープニングを迎えます!そのオープニングには、スペイン人アーティスト、ルフォ・クリアド氏本人も参加されます。皆さんとアート空間を共有するため、展覧会の準備が着々と進んでいますよ!その様子をご紹介しますね。

設営の様子

設営の様子

(もっと読む)

オホス・デ・アグア(水の目)展覧会情報!

皆さん、こんにちは!来る10月23日(金)19:00、セルバンテス文化センター東京2階ギャラリーでスペインのアーティスト、ルフォ・クリアドの作品展のオープニングが行われます!東京のセンターがオープンして初めて(!)のインスタレーション・アート展です。『オホス・デ・アグア』とは『水の目』という意味ですが、どういう作品なのか、皆さんにちょっと先取りでご紹介したいと思います!

イタリア(ナポリ)の教会での展覧会の様子
写真:イタリア(ナポリ)の教会での展覧会の様子

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es