セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

本の日、サン・ジョルディの日。

2012/04/20 | ニュース | | 1 comentario

4月23日は、サン・ジョルディの日&本の日であることは、以前このブログでもご紹介したとおりです。

セルバンテスでも21日(土)にはそれを記念して様々なイベントを開催しますが、現地、カタルーニャでも盛り上がっているようです!ニュースをチェックしてみたいと思います☆

(もっと読む)

『スペイン・カタルーニャの風習から』読売新聞5月2日(夕刊)掲載!

先月、サン・ジョルディの日のイベントをセルバンテスで開催したことが5月2日付の読売新聞(夕刊)で紹介されました。サン・ジョルディの日に本を贈るという習慣に因んで、東日本大震災で被災した子どもたちに児童書の寄付を募った活動がとりあげられました。

記事を切り抜いたものがこちらです↓↓

(もっと読む)

『本の日』イベントのご報告。

先日、4月23日(土)、図書館で『本の日』を記念するイベントが行われました。当日は様々なアクティビティが行わたので、その活動をレポートしたいと思います。

4月の読書倶楽部の集まりもこのイベントのひとつのアクティビティとして開催されました。4月の図書はミゲル・デリーベスの“Viejas historias de Castilla la Vieja”(カスティージャ・ラ・ビエハの物語)。参加者は、田舎と都市のライフスタイルの違いについて活発に意見交換していました。また、この作品で初めてミゲル・デリーベスの作品と出会ったという声が多くありました。こうやって読書倶楽部などのアクティビティを通じて様々なスペイン語文学作品と出会っていただけることは嬉しいことです。

(もっと読む)

図書館で祝うサン・ジョルディの日

皆さんは4月23日(金)が何の日かご存知ですか?以前、ブログでも少し紹介させて頂いたのですが、この日は『本の日&サン・ジョルディの日』なんです!この日は、スペイン、特にカタルーニャ地方で「男性→女性にバラを贈る」そして、「女性→男性に本を贈る」というロマンチックと知性に溢れる日なんです。

さて、なぜこの日がそのように指定されているのか、皆さんにご紹介したいと思います。

sant-jordi

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es