セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

第2回クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン

P39 cumbre

II Cumbre Flamenca de Japón
第2回クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン

日本フラメンコ界の頂点を極めるバイラオール、ギタリストが一同に介する
フェスティバル「クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」が今年も開催されます。
日本フラメンコ界を代表するアーティストが出演、もはやフラメンコに国境
がないことをご覧いただけるでしょう。 スペイン在住30年のアーティスト
堀越千秋さんの企画協力により実現するものです。

11月28日(木) 開場18:00/開演18:30 (当日券僅かに販売・17:00より)
出演者:
-三枝麻衣
-荻野リサ
-フラメンコギターコンクール優勝者
-入交恒子

11月29日(金) 開場18:00/開演18:30 (当日券僅かに販売・17:00より)
-中田佳代子
-谷朝子
-エンリケ坂井
-東仲一矩

11月30日(土) 開場14:30/開演15:00 (当日券僅かに販売・13:30より)
-渡部純子
-大沼由紀
-吉川二郎
-岡田昌巳

入場料* 1.000円(税込)

チケット販売場所: セルバンテス文化センターB1Fオーディトリアム受付

ご注意:
おひとり2枚まで購入いただけます。
お席を指定することはできません。
チケットがなくなり次第販売を終了させていただきます。
お電話でのご予約はお受けできません。
払い戻し、チケットの再発行はできません。
プログラムの内容は変更になる場合があります。
*入場料は当センターの運営経費の一部に充てるためご負担いただくものです。

第2回フラメンコ・フェスティバルの公開記者会見が行なわれました

  baile1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年3月2日、セルバンテス文化センター東京にて、5月1日から6日まで
東京と大阪で当代を代表するフラメンコのバイラオール、音楽家を豪華に招聘
して開催される第2回フラメンコ・フェスティバルの公開記者会見が行なわれました。

まずはプロデューサーにして招聘元イベリア代表の蒲谷さんから、
ご自身が10代からとりつかれているという、フラメンコの魅力について
またフラメンコの基本となるリズムの単位、コンパスについてのお話がありました。

コンパスは時計の針と同じように、12拍子を基本にぐるぐると刻み続けるのだとか。
「時計の針が2回転すると、昼と夜の時が刻まれる。
フラメンコにおけるコンパスとは人生と同じ意味を持っています」
という言葉が印象的でした。

また2部にはフェスティバルに出演するバイラオーラ、ギタリストによるフラメンコ
のプレゼンテーションがあり、圧巻のステージを見せてくれました。
白い衣装に身を包んだ河内さおりさんの繊細な踊り、そしてと赤と黒の衣装の
ソラジャ・クラビホさんの力強い踊り、それぞれの表現の違いを絶妙のバランス
で楽しむことができました。
プロモーションでこれだけ力の入ったものを見せていただけるということは、
本番はいったいどんなにスゴイことになってしまうのでしょう、
フェスティバルへの期待がますます高まってきました!
ゴールデンウィークはフラメンコ一色になりそうですね♪
よいお席から売り切れもでているとのことですので、チケットはお早めにお求めください!

第2回フラメンコ・フェスティバル
5月1日(水)・2日(木)・3日(金)新宿文化センター
5月3日(金)メルパルク大阪
5月4日(土)・5日(日)・6日(月)新宿文化センター
オフィシャルサイト http://www.iberia-j.com/lpf/

baile11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

baile7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es