セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

11/15海外マンガフェスタにスペイン人マンガ家参加!

来る11月15日に東京で海外マンガフェスが開催されます。
セルバンテス文化センターも参加、人気スペイン人マンガ家を招き、スペイン発のマンガやグラフィック・ノベルの展示を行います。海外マンガフェスタの情報はこちら

kaigaimanga copy
スペインから見た日本のマンガ熱
日本人のマンガが好きは世界的に有名です。日本に来るスペイン人がます驚くのは、地下鉄では子どもから大人、あらゆる人がマンガを読んでいることです。この国のマンガ産業の重要性と、いかにマンガが生活の一部になっているかをあらわしているようですね。

スペインではここ数年、マンガの売り上げは再び上昇しているものの、人気は前より高くありません。前より、というのは、1940年から1980年にかけてスペインマンガが黄金期を迎えた時期で、コママンガや子供向けのマンガは、青少年に人気のある娯楽だったからです。

主要なマンガ雑誌を紹介するとPulgarcito, Mortadelo, DDT, Lily, Pinocho
、TBO(tebeo:スペイン語でマンガ、この雑誌の名前に由来する)があります。El Capitán Trueno, Esther, Zipi y Zape o Mortadelo y Filemónといったキャラクターはとても人気です。

スペインのマンガ事情
 残念ながらスペインでは1990年代初めにほとんどのマンガ雑誌が廃刊になりました。けれどそのおかげでアメリカと日本のマンガの需要が高まりました。今でも日本のマンガはナルト、ドラゴンボール、セーラームーンなどが若者にとても人気です。子どもたちが外国のマンガを読む機会がますます増えてきているようです。

若者や、それ以外の人々も、少しずつマンガに関心を持つようになっています。世界有数のマンガ書店がスペインにあることを知っていますか?それはアキラという名前で、さまざまな漫画家の原画が展示されています。名前は大友克洋氏の名作AKIRAに由来しています。2012年にはアイズナー賞を受賞し、世界一の本屋として認められました。まさにマンガ界の横綱ですね。
http://ccaa.elpais.com/ccaa/2015/09/16/madrid/1442403944_516423.html

新しい漫画家たちのスタイルやテーマは数十年前のものとは大分異なりますが、海外マンガの影響を受けて、ますます多くのスペイン人作家が国際的に活躍するようになっています。

Cómic

新世代のスペイン人マンガ家、ケニー・ルイス来日!
今回セルバンテス文化センターは、東京マンガフェアに、新世代のスペイン人マンガ家、ケニー・ルイスを招きます。
“El Cazador de Rayos(王の狩り人)”, “Barcelona(バルセロナ)” “Dos Espadas(2つの剣)”シリーズの著者で、バルセロナマンガサロンで様々な賞を受賞しています。ぜひ今年のフェスに立ち寄って、その作品と作家に触れてみてください!。
http://www.kennyruiz.com/

また、セルバンテス文化センター東京内の、フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館にはスペインで大人気のマンガの代表作が所蔵されていますので、こちらもぜひお越しください!スペイン語学習にはとてもいい練習になりますよ!

 (Elena Alma筆/Seiho Ide訳)

第1回フラメンコギターコンクールが行われました!

第1回フラメンコギターコンクールが11月2日(土)に
セルバンテス文化センター東京で開催され、
総勢16名のギタリストにご参加いただきました!

第1時選考から、審査員のみなさんを驚かせていた高いレベルの
演奏に、最終的な審査には大変苦労があったようです。

Jurado

準優勝には木南利夫さんが選ばれ、賞状と副賞セルバンテス文化
センターでのスペイン語クラス受講権。
優勝には江戸裕さんがが選ばれ、賞状と副賞マヌエル・ロドリゲス・
エ・イホスのスペシャルギターが贈られました。
江戸さんは、11月28日(木)のクンブレ・フラメンカ・エン・ハポン
での演奏が予定されています。愛と情熱を込めて制作された
新しいギターでの演奏が楽しみですね!

参加者の多くの方は、オリジナル曲をご披露いただいたことが印象的でした。
審査員、マヌエル・ロドリゲス氏、セルバンテス文化センター館長は、
素晴らしい女性の演奏にも大変感銘を受けたとコメントしていました。

コンクール部分だけでも3時間以上の長丁場、
ご参加いただいたギタリストの皆様、審査員の皆様、ご来場の皆様
に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

 

 

 

 
 

今週土曜日は「スペイン語の日」をお祝いしましょう!

毎年恒例となった『スペイン語の日』、5年目となる今年も
200名近くのパフォーマーを及びして、
スペイン語圏のとびきり楽しいダンスや音楽、料理をご紹介しますよ♪

diaeweb

13時からのオープニングセレモニーに続く、当日プログラムをご紹介します。
ぜひご家族、ご友人をお誘いの上ご参加くださいませ。

2013年6月22日(土)
セルバンテス文化センターオープンデイ・フィエスタ
『スペイン語の日』
オフィシャルサイトはこちら

<プログラム>

1F セルバンテスビル入口

13:00-•オープニングセレモニー: 言葉の雨
13:10-•スペイン語圏諸国のフィンガーフード試食会

2F ギャラリー
写真展:「ペルーを召し上がれ」
彫刻展: 「フリオ・ゴヤ:懺悔シリーズ」
15:30-•トルティージャ・エスパニョーラコンクール
19:30-•DJ Largo
21:00-
•ボケリア・イ・アミーゴ
•カズキ&ロサ(バジェナート:コロンビア音楽ライブ)

B1F オーディトリアム
14:00- オープニングスペシャルライブ:
•マリエラ・イ・リノ(キューバ音楽デュオ)

キッズアーティスト:
•サボーレス・カレーニョス・キッズ(コロンビアサルサ)
•Ami Kaiba (ギター演奏)
•セルバンティージョス(スペイン語劇)
•エコールボイスリトルシンガーズ(スペイン語コーラス)
•チーズボニートボニータアンドベラーノ(サルサ)
•石井智子フラメンコスタジオ キッズクラス(フラメンコ)
•アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダキッズファッションショー
<休憩>
16:20-
•フェリスフラメンコクラブ(フラメンコ)
•神田外国語大学フラメンコ舞踊部 ラス☆バカンダス(フラメンコ)
•清泉女子大学 フラメンコクラブ ラス・マハス(フラメンコ)
•ロス・バリエンテス(フラメンコ)
•NPO 日本マリネラ協会 アカデミア・デ・マリネラ バイラ・ペルー(ペルーダンス)
•メヒコ・エン・ラ・ピエル(メキシコダンス)
<休憩>
18:30-
•東京外国語大学サルサ研究会(サルサ)
•筑波大学フォルクローレ愛好会(フォルクローレライブ)
•池川フラメンコギター教室(フラメンコギターライブ)
•オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダ(タンゴライブ)
•アントニオアロンソスペイン舞踊団(フラメンコ)

4F 教室
•スペイン語体験レッスン 10:00-10:30
•スペイン語体験レッスン 11:30-12:00
•スペイン語体験レッスン 15:45-16:15 + 16:20-16:35 (AVE)
•スペイン語体験レッスン 16:35-17:00 + 17:05-17:20 (AVE)
•スペイン語体験レッスン 17:25-17:45 + 17:50-18:05 (AVE)
予約は以下のサイトで受け付けています。
http://reservas.palabras.jp/ja/

6F図書館
•11:00  読書クラブ アルトゥーロ・ペレス=レベルテの「戦場の画家」を読みます。
•14:00-14:30 スペイン文学ツアー
•16:00-16:50 スペイン文化、押さえておきたい10つの人・物・事柄

※プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

第2回フラメンコ・フェスティバルの公開記者会見が行なわれました

  baile1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年3月2日、セルバンテス文化センター東京にて、5月1日から6日まで
東京と大阪で当代を代表するフラメンコのバイラオール、音楽家を豪華に招聘
して開催される第2回フラメンコ・フェスティバルの公開記者会見が行なわれました。

まずはプロデューサーにして招聘元イベリア代表の蒲谷さんから、
ご自身が10代からとりつかれているという、フラメンコの魅力について
またフラメンコの基本となるリズムの単位、コンパスについてのお話がありました。

コンパスは時計の針と同じように、12拍子を基本にぐるぐると刻み続けるのだとか。
「時計の針が2回転すると、昼と夜の時が刻まれる。
フラメンコにおけるコンパスとは人生と同じ意味を持っています」
という言葉が印象的でした。

また2部にはフェスティバルに出演するバイラオーラ、ギタリストによるフラメンコ
のプレゼンテーションがあり、圧巻のステージを見せてくれました。
白い衣装に身を包んだ河内さおりさんの繊細な踊り、そしてと赤と黒の衣装の
ソラジャ・クラビホさんの力強い踊り、それぞれの表現の違いを絶妙のバランス
で楽しむことができました。
プロモーションでこれだけ力の入ったものを見せていただけるということは、
本番はいったいどんなにスゴイことになってしまうのでしょう、
フェスティバルへの期待がますます高まってきました!
ゴールデンウィークはフラメンコ一色になりそうですね♪
よいお席から売り切れもでているとのことですので、チケットはお早めにお求めください!

第2回フラメンコ・フェスティバル
5月1日(水)・2日(木)・3日(金)新宿文化センター
5月3日(金)メルパルク大阪
5月4日(土)・5日(日)・6日(月)新宿文化センター
オフィシャルサイト http://www.iberia-j.com/lpf/

baile11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

baile7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルバンテス館長コラム「スペイン語の流儀」

みなさまの中に、2月の半ばまで読売新聞の夕刊に掲載されていた、
セルバンテス文化センター東京館長のコラムを目にした方がいるかもしれません。
全4回の掲載を見逃してしまった方のために、2回にわけて切り抜きをご紹介します。

館長はグラナダ出身、若かりし頃フラメンコダンサーになるべく、
踊りに磨きをかけていた、という経歴を持つだけあって、
フラメンコ文化には特に造詣が深いのが見てとれますね。

特に昨年開催されたクンブレ・フランカ・エン・ハポンで見た、
日本人フラメンコダンサー、そしてギタリストのみなさんの踊りと演奏には、
そのレベルの高さに本当に驚いていました。

セルバンテス本部にあるタイムマシーン。

先日、セルバンテス賞2011の授賞式が開催されることをこのブログでもご紹介しましたが、今回はそれに関連して、セルバンテス文化センター本部にある『タイムマシーン~La máquina del tiempo~』のお話をしたいと思います。

セルバンテス本部にある "Cajas de las letras"

(もっと読む)

文化コースの様子。

皆さんはセルバンテスで文化コースを取ったことはありますか?語学コース以外にも魅力的な文化を学ぶコースを沢山用意していますよ!今回はワイン講座の様子をちょこっと覗いてみたいと思います。このコースは2月からスタートしていて、大好評なんです♪

(もっと読む)

第一回スペイン語文学コンクール開催のご案内

4月23日の「世界本の日」を記念して、セルバンテス文化センター東京はコースに通う生徒の皆様を対象にした文学コンクールを開催します!!応募期間は3月10日から4月15日まで。

締め切りまであと約1ヶ月。学んだスペイン語で自己表現してみませんか?副賞もついてくるようなので、それもちょっとした楽しみだと思いますよ♪

(もっと読む)

コロンビア外務大臣が来館

コロンビアのマリア・アンヘラ・オルギン・クエジャル・コロンビア共和国外務大臣が現在、日本に来賓として来日しています。本日、24日(金)午前、セルバンテス文化センター東京へ来館しました。

(左から)ウガルテ館長、オルギン外務大臣、カルデナス大使

(もっと読む)

スペイン短期留学体験記~サンティアゴ・デ・コンポステラ~

セルバンテス文化センター東京で勉強している学生さんには、抽選でサンティアゴ・デ・コンポステラ大学へ短期留学できるという特典があることはご存知でしたでしょうか?今年は、B1.2クラスでスペイン語勉強に励んでいる青木静さんが当選し、実際にスペインで学んできました!嬉しいことに、その体験記をこのブログの読者の皆さんに寄せてくれたので、2回に分けてご紹介しようと思います!実りある留学期間だったようですよ!(以下:青木さん著)

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es