セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

チリ・ナショナル・デー

南米諸国の独立記念イベントが続く中、18日にはセルバンテス文化センターで開催するのは今年2回目、独立から202周年目を迎えるチリ・ナショナル・デーをお祝いしました。イベントの様子をお伝えしたいと思います。

 

まず最初に会場のみなさんにご起立いただきチリ国家、その後君が代を斉唱。

続きまして駐日チリ大使パトリシオ・トレス氏のご挨拶。

そして館長のアントニオ・ヒルから大切な日のお祝いするのにセルバンテスを選んでくださったことへの感謝、チリは確かな経済力と大自然に囲まれた美しい国であり、そしてセルバンテス賞を受賞している文学的にも有名な作家も輩出しスペイン語が広く使われていることをご紹介。

地球の裏側からセバスティアン・ピニェラ大統領とセシリア・モレルご夫妻からスクリーンを通してチリ国外に住むチリの方へにも向けて感謝のメッセージ。

今年の記念日を祝うテーマだった音楽コンサートのスタートです。デュオ・アルバレス・エンリケスは音楽講師でありソプラノ歌手のアナ・アルバレスとギター講師でありクラッシックギタリストのパトリシオ・エンリケスの2人組による演奏です。チリ国内にとどまらず活躍の場を海外にまで広げ、数々の作曲にも取り組んでいます。

美しい歌声と響き渡るギターに会場は聞き入ってしまいました。約10曲の演奏のうちのほんの一部ですがセルバンテス文化センターfacebookにアップしていますのでご覧ください。

 さて、そろそろ終わりかなと思ったらまだまだ続きます。

チリの伝統的なダンス「クエカ」です。リズムのよい音楽に合わせて会場からも自然と手拍子が。 

 

最後はチリの美しい風景写真が展示されたギャラリーでチリワインとエンパナーダが振る舞われ、会場は賑やかな時間が流れていました。

 

 

写真展:パタゴニアの夢 7/15(日)まで!

秘境パタゴニアに足を踏み入れてみましたか?写真家、ギイ・ペテルマン氏による挨拶のオープニングで始まった写真展「パタゴニアの夢」は15日(日)までセルバンテス文化センター2Fギャラリーにて開催中。写真を観た方からたくさんの感想が寄せられていますのでご紹介したいと思います。想像力を掻き立てられた人、なつかしさに思いを馳せる人、まだ見ぬ土地にあこがれを抱く人など感じ方は様々です。

(もっと読む)

写真展:「パタゴニアの夢」 ギイ・ペテルマン オープニング

セルバンテス文化センター東京では、写真展「パタゴニアの夢」が7月15日(日)まで開催中!

フランス人写真家、ギイ・ペテルマン氏独自の視点で撮影したアルゼンチン、チリそれぞれの魅力溢れる作品62点です。

(もっと読む)

セルバンテス本部にあるタイムマシーン。

先日、セルバンテス賞2011の授賞式が開催されることをこのブログでもご紹介しましたが、今回はそれに関連して、セルバンテス文化センター本部にある『タイムマシーン~La máquina del tiempo~』のお話をしたいと思います。

セルバンテス本部にある "Cajas de las letras"

(もっと読む)

23日=セルバンテス賞2011の授賞式

セルバンテス賞2011の授賞式が来る23日、マドリッドのアルカラ・デ・エナーレス(Alcalá de Henares)大学で開催されます。受賞者はチリ出身の偉大なる詩人ニカノール・パラ(Nicanor Parra)氏です。

(もっと読む)

『偶然が生んだディーバ』

映画・音楽フェスティバル『ドゥエンデ』では、様々な作品を上映しますが、その中でも今回、私たちのディーバとして心に響いてくれるのはベロニカ・ビジャロエルの軌跡をたどった「偶然が生んだディーバ」と思います。上映は12月1日(木)18時30分です!

(もっと読む)

セルバンテスTV:チリ絵画展を放送!

現在、2階ギャラリーで開催されているチリ絵画展『コロニアル時代の女性たち』がセルバンテスTV内でとりあげられ、放送されています!要チェックです☆

(もっと読む)

チリ絵画展『コロニアル時代の女性たち』

秋の足音が近づいたと思ったら、また夏の勢力が力を増して迫ってくる・・・そんな残暑が厳しい今日この頃ですが、秋の完全到来を待たずとも、「芸術の秋」を楽しむことは可能です!今、セルバンテスの2階ギャラリーで開催されている、チリ絵画『コロニアル時代の女性たち』をご紹介します。開催期間は10月15日まで。見逃さないで!

(もっと読む)

一般開放デー:スペイン語の日の詳細決定

2010/06/02 | イベント | | 1 comentario

大変お待たせしました!第2回『スペイン語の日』の詳細をご報告します!昨年から引き続いて今回が第2回となるスペイン語の日は、セルバンテス文化センターを一般開放して、音楽やダンスなど楽しいイベントを通じて、スペイン語の持つ豊かな多様性に触れてもらおう、という趣旨のイベント。世界中のスペイン語が一堂に会する出会いの一日をお楽しみください!!開催日は6月19日(土)、入場無料です!

el-dia-del-espanol

 

(もっと読む)

世界本の日:『野生の探偵たち』

皆さんは『世界本の日』という日があるのをご存知ですか?国連の国際デーにも指定されている4月23日は、セルバンテス文化センターの名前ともなっている偉大なるスペイン人作家、ミゲル・デ・セルバンテスの命日でもあるんです。

さて、この記念すべき『本の日』に、セルバンテス文化センターでも本に関するイベントを開催します!翻訳本出版記念講演会『野生の探偵たち』です!日時は4月23日(金)19:00~、地下一階オーディトリアムで皆さんをお待ちしていますね!

チリ人作家 ロベルト・ボラーニョ

チリ人作家 ロベルト・ボラーニョ

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es