セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

第2回:読書倶楽部のご案内!

昨年12月に発足した読書倶楽部のアクティビティ第2回目のご案内です!開催日は1月29日(土)、フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館(6階)で行われます!読書を通じてスペイン語力を伸ばしたい、スペイン語文学に親しみたいという方々にはピッタリのこの活動。お待ちしています!

(もっと読む)

図書館で祝うサン・ジョルディの日

皆さんは4月23日(金)が何の日かご存知ですか?以前、ブログでも少し紹介させて頂いたのですが、この日は『本の日&サン・ジョルディの日』なんです!この日は、スペイン、特にカタルーニャ地方で「男性→女性にバラを贈る」そして、「女性→男性に本を贈る」というロマンチックと知性に溢れる日なんです。

さて、なぜこの日がそのように指定されているのか、皆さんにご紹介したいと思います。

sant-jordi

(もっと読む)

ボルヘスワークショップ第1部 成功裏に終わる!

去る2010年4月7日、フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館で行われたボルヘスワークショップ第1部は好評のうちに終了しました。参加者の皆さん、ありがとうございました!

当日の様子を写真で皆さんにご報告したいと思います。

ワークショップ第一部の様子

ワークショップ第1部の様子

(もっと読む)

図書館の活用法。

今朝、『ペネロペハビエル・バルデムが12月に結婚するかも?』なんていうエンタメ情報がネットに載っていました。スペインを代表する国際的女優&俳優のビックカップルが本当に結婚したら、スペインでは大騒ぎなんだろうな・・と、想像して楽しんでおります。

さて、私がペネロペを素敵!と思ったのが、アルモドバル監督作品の『Volver<帰郷>』という映画でした。当時はスペイン語が今よりも出来なかったので、内容を正しく理解できていたかどうか・・・そんなことを考えていたら、先日のセルバンテスのメルマガ図書館情報を思い出しました!図書館って映画の脚本が置いてあるんですよね!

アルモドバル監督作品『Volver』

アルモドバル監督作品『Volver』

(もっと読む)

ガルシア・ロルカ。

今朝、英字新聞に目を通してしていたら、『フェデリコ・ガルシア・ロルカ』という名前が目に飛び込んできました。スペインを代表する詩人ロルカは、スペイン内戦の際に、銃で処刑されましたが、その遺体があるといわれているグラナダ近郊の共同墓地の発掘が開始されるというのです。なんだか、この機会にロルカという人がどんな作品を残したのか、どんな人だったのか、知りたくなりました。ということで、セルバンテス6階にある図書館をチェック!新着情報をご紹介しますね。

新着した書籍 (寄贈:キューバ大使館)

新着図書 (寄贈:キューバ大使館)

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es