セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

パコ・デ・ルシア追悼イベント&ドキュメンタリー上映

Paco de Lucia (Spania)

2月26日に届いたパコ・デ・ルシア逝去のニュースは、全て
のフラメンコを愛する人たちを深い悲しみに包みました。
スペインが誇るフラメンコギタリスト、パコ・デ・ルシアは、
ここ日本においても、多くのミュージシャン、音楽ファン
に多大な影響を与えた人物であることは間違いありません。
彼自身日本に特別な思いを持ち、日本を「世界で最もスペ
イン、フラメンコ文化に近づくことができた国」と称して
います。

彼の思い出を今一度パコを敬愛する皆様とともに、ここ日
本で共有するため、セルバンテス文化センターは追悼イベ
ントを開催します。イベント2部構成となり、1部は友人
関係のあったギタリストの鈴木英夫さん、音楽評論家高場
将美さんのトーク、2部にはパコを敬愛する日本人ギタリ
ストの方々にご出演いただき、ご自身のコメントとオマー
ジュの1曲を演奏いただきます。

(参加予定のみなさん。順不同)
-岩田淳一さん
-木南利夫さん
-阿久津裕菜さん
-高橋秀男さん
-栗原武啓さん
-瀬田彰さん
-鈴木英夫さん
-池川兄弟
-若林雅人さん
-エンリケ坂井さん
-高橋 紀博さん
-俵英三さん

イベントタイトル『パコ・デ・ルシアに捧ぐ』
開催日:5月21日(水)19:00~
会場:セルバンテス文化センター東京B1オーディトリアム
入場料無料、要予約
参加予約はこちらよりhttp://reservas.palabras.jp/ja/

(関連イベント)
ドキュメンタリー上映
『フランシスコ・サンチェス-パコ・デ・ルシア』

(2003年/スペイン制作/93分/日本語字幕付)
-5月10日(土)14:30~
-5月17日(土)17:30~
-5月29日(木)19:00~
入場料無料、予約不要

第2回クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン

P39 cumbre

II Cumbre Flamenca de Japón
第2回クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン

日本フラメンコ界の頂点を極めるバイラオール、ギタリストが一同に介する
フェスティバル「クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」が今年も開催されます。
日本フラメンコ界を代表するアーティストが出演、もはやフラメンコに国境
がないことをご覧いただけるでしょう。 スペイン在住30年のアーティスト
堀越千秋さんの企画協力により実現するものです。

11月28日(木) 開場18:00/開演18:30 (当日券僅かに販売・17:00より)
出演者:
-三枝麻衣
-荻野リサ
-フラメンコギターコンクール優勝者
-入交恒子

11月29日(金) 開場18:00/開演18:30 (当日券僅かに販売・17:00より)
-中田佳代子
-谷朝子
-エンリケ坂井
-東仲一矩

11月30日(土) 開場14:30/開演15:00 (当日券僅かに販売・13:30より)
-渡部純子
-大沼由紀
-吉川二郎
-岡田昌巳

入場料* 1.000円(税込)

チケット販売場所: セルバンテス文化センターB1Fオーディトリアム受付

ご注意:
おひとり2枚まで購入いただけます。
お席を指定することはできません。
チケットがなくなり次第販売を終了させていただきます。
お電話でのご予約はお受けできません。
払い戻し、チケットの再発行はできません。
プログラムの内容は変更になる場合があります。
*入場料は当センターの運営経費の一部に充てるためご負担いただくものです。

第1回フラメンコギターコンクール開催!

蒸し暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?
セルバンテスからギターコンクール開催のお知らせです。

ダンスに並ぶとも劣らず優秀なギタリストを輩出している日本、
ぜひこの機会に腕試しをしてみてはいかがでしょうか。
みなさんの参加をお待ちしております!

Credit: FILMANOVA / Album

セルバンテス文化センター東京
第1回フラメンコギターコンクール

応 募 要 綱
セルバンテス文化センター東京は、マヌエル・ロドリゲス・エ・イホスギターの協賛により
以下の通り第1回フラメンコギターコンクールを開催します。

応募条件:日本在住者。国籍、性別、年齢、プロアマを問いません。ソリストのみの応募。

一時審査:応募希望の方は、8分以内のソレアを1曲の演奏したものを録画、VimeoまたはYou
Tubeなどのサイトに映像をアップし、リンク先のアドレスをお送りください。ビデオのイン
ターネット上の掲載を希望しない方は、映像をCD、DVD、USBに収録し下記住所までご郵送く
ださい。
応募締切日:2013年9月30日(月)必着

応募宛先:
〒102-0085 東京都千代田区六番町2-9
セルバンテス文化センター東京
「第1回フラメンコギターコンクール応募」宛
E-mail: info@cervantes.jp

最終選考:セルバンテス文化センター第1回フラメンコギターコンクール実行委員会はビデ
オによる一時審査を行ない、8組の決勝出場者を選びます。決勝出場者へはメールでお知ら
せします。

最終選考日:11月2日(土)

最終選考会場:セルバンテス文化センター東京オーディトリアム

最終選考出場者は以下の2曲の演奏をご用意いただきます。
a) ソレア1曲
b) ご自身で選んだフラメンコギターの曲1曲

審査員:濱田滋郎(一般社団法人日本フラメンコ協会会長)
沖仁(フラメンコギタリスト)
堀越千秋(アーティスト)
マヌエル・ロドリゲス3世(マヌエル・ロドリゲス・エ・イホス社長)
アントニオ・ヒル・デ=カラスコ(セルバンテス文化センター東京館長)

各賞は、審査員らの得点順に選ばれ、賞が授与されます。
(優勝者)・賞状
・マヌエル・ロドリゲス・エ・イホスギター(24万円相当)
・第2回クンブレ・フラメンカ(2013年11/28~30日開催)出場権
(準優勝)・賞状

第2回フラメンコ・フェスティバルの公開記者会見が行なわれました

  baile1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年3月2日、セルバンテス文化センター東京にて、5月1日から6日まで
東京と大阪で当代を代表するフラメンコのバイラオール、音楽家を豪華に招聘
して開催される第2回フラメンコ・フェスティバルの公開記者会見が行なわれました。

まずはプロデューサーにして招聘元イベリア代表の蒲谷さんから、
ご自身が10代からとりつかれているという、フラメンコの魅力について
またフラメンコの基本となるリズムの単位、コンパスについてのお話がありました。

コンパスは時計の針と同じように、12拍子を基本にぐるぐると刻み続けるのだとか。
「時計の針が2回転すると、昼と夜の時が刻まれる。
フラメンコにおけるコンパスとは人生と同じ意味を持っています」
という言葉が印象的でした。

また2部にはフェスティバルに出演するバイラオーラ、ギタリストによるフラメンコ
のプレゼンテーションがあり、圧巻のステージを見せてくれました。
白い衣装に身を包んだ河内さおりさんの繊細な踊り、そしてと赤と黒の衣装の
ソラジャ・クラビホさんの力強い踊り、それぞれの表現の違いを絶妙のバランス
で楽しむことができました。
プロモーションでこれだけ力の入ったものを見せていただけるということは、
本番はいったいどんなにスゴイことになってしまうのでしょう、
フェスティバルへの期待がますます高まってきました!
ゴールデンウィークはフラメンコ一色になりそうですね♪
よいお席から売り切れもでているとのことですので、チケットはお早めにお求めください!

第2回フラメンコ・フェスティバル
5月1日(水)・2日(木)・3日(金)新宿文化センター
5月3日(金)メルパルク大阪
5月4日(土)・5日(日)・6日(月)新宿文化センター
オフィシャルサイト http://www.iberia-j.com/lpf/

baile11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

baile7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルバンテス館長コラム「スペイン語の流儀」

みなさまの中に、2月の半ばまで読売新聞の夕刊に掲載されていた、
セルバンテス文化センター東京館長のコラムを目にした方がいるかもしれません。
全4回の掲載を見逃してしまった方のために、2回にわけて切り抜きをご紹介します。

館長はグラナダ出身、若かりし頃フラメンコダンサーになるべく、
踊りに磨きをかけていた、という経歴を持つだけあって、
フラメンコ文化には特に造詣が深いのが見てとれますね。

特に昨年開催されたクンブレ・フランカ・エン・ハポンで見た、
日本人フラメンコダンサー、そしてギタリストのみなさんの踊りと演奏には、
そのレベルの高さに本当に驚いていました。

フラメンコ歌手石塚隆充、3月コンサート開催!

フラメンコと言えば、ダンスをイメージしがちですが、フラメンコはまず、歌ありき。
重要な位置を占める音楽としてのフラメンコの魅力を広めるべく、
日本を代表するフラメンコ歌手石塚隆充氏がコンサートを行ないます。

2011、12年と連続でスペインツアーを実施した石塚氏をサポートするのは
ヘレス出身、カンテ伴奏の名手、ドミンゴ・ルビチ(ギター)と、
弟のホセ・ルビチ(パルマ)そしてアリ・デ・トタ(パルマ)。
現地にいるかのような、カンテとギターとパルマ(手拍子)の絡み合うステージが見ものです。 

東京会場はセルバンテス文化センターです!
魂のふるえるカンテの世界をぜひみなさまお楽しみください。

●東京公演
3 月21 日(木)18:30 開場 19:30 開演
セルバンテス文化センター東京
〒102-0085 東京都千代田区六番町2-9
セルバンテスビル

●大阪公演
3 月24 日(日)16:00 開場 17:00 開演
アルディエンテ
〒532-0023 大阪市淀川区十三東3 丁目28-16
Kimura Bld. B1F

料金:前売り ¥5,500 当日 ¥6,000 全席自由

問い合わせ・予約:
takante2010@gmail.com(石塚隆充カンテ・ライブ係)
スタジオアルスール06-6262-5539(大阪公演のみ取り扱い)
オフィシャル・ウェブサイト

助成:公益財団法人スペイン舞踊MARUWA 財団 平成24 年度助成事業
後援:スペイン大使館、スペイン国営セルバンテス文化センター東京、
ANIF 日本フラメンコ協会、アテネ・ミュージック&アーツ(株式会社アテネ教育社/株式会社麹町メディカル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペイン文化特使 今井翼さん『世界ふしぎ発見』でスペインの魅力を語る?!

今年の6月にセルバンテス文化センターにて今井翼さんのスペイン文化特使任命式を開催したことはもうみなさんご存じですよね?!

くわしくは以前のブログをご覧ください。

そして10月から翼さん出演の『テレビでスペイン語』が放送開始(2011年再放送)ということも以前にブログでご紹介しました。

今度の土曜日10日の『世界ふしぎ発見』豪華列車で巡る アンダルシア。解答者に今井翼さんが出演するそうです。

アンダルシアのユニークな歴史と 町の魅力を凝縮したバルをレポート、ということです。

フラメンコやバルなど見どころたっぷりのアンダルシア。どんなところが紹介されるのか楽しみですね。

スペイン文化特使の翼さんからみたスペインの魅力について、何が語られるのか、どんな解答が飛び出すのか放送が楽しみです。お見逃しなく!

スペイン語やスペイン文化に興味を持った方はセルバンテス文化センタースペイン語コース無料文化イベントへご参加ください!次回スペイン語コース登録期間は12月4日(火)~12月15日(土) 無料体験レッスンも同時期に行います。

「第1回 クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」 終了!

堀越千秋さんの企画協力による日本のフラメンコが終結した記念すべき「第1回クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」が終了しました。大変な人気で予約をすることができなかった方へ、写真をアップしていますのでFacebookもしくはFlickrをご覧ください!

そして様々なメディアの方に取材していただきましたのでレポート記事もお楽しみに。

NHK World (11月11日~1週間)、フラメンコ・シティオパセオフラメンコファルーカ

プログラムの一部をご紹介。

パルマス講座 講師:マヌエラ・バリオス

約1時間の講座では様々なリズムを習いました。大切なことは姿勢よく、たたき方は人それぞれ異なるので、自分の手の中でよい音が出る場所、自分の音を見つけることと言っていました。

3日間の出演者の方々です。バイラオーラ、ギター、カンテ3拍子揃ってのフラメンコだと実感しました!

今後の公演が決まっている方も多いので、各出演者のウェブサイトをチェックしてみてくださいね。

10/25 (木)

屋良有子、鈴木敬子、石井奏碧、高橋英子

10/26(金)

萩原淳子、森田志保、沖仁、AMI

10/27(土)

松丸百合、石井智子、徳永健太郎、小島章司

たくさんの感動を有難うございました!

 

 

 

 

2013年フェスティバル・デ・ヘレス 短期集中コースの受付開始!

スペインから届いたフラメンコニュースです!

2013年フェスティバル・デ・ヘレスは2月22日~3月9日まで。そして9月4日より、フェスティバル・デ・ヘレスでのクルシージョの受付申し込みが開始されました。

今年はクルシージョ(ワークショップ)の数が大幅に増えたようです。

Curso del Festival de Jerez (Foto Daniel Muñoz)

カンテ、ギター、写真のクラスもできて、44ものクルシージョが行われます。

気になるアーティストは、

エバ・イエルバブエナ

マノロ・マリン

ラファエラ・カラスコ

イサベル・バジョン

メルセデス・ルイス

アントニオ・エル・ピパ

パストーラ・ガルバン

ハビエル・ラトーレ

マヌエル・ベタンソ

べレン・マヤ

など。(順不同)

クルシージョはレベルによって多少の違いがあるそうですが、12-15時間ほど。1つのクラスの定員は25名まで。

コースの入学金には、ビジャマルタ劇場Teatro Villamartaの入場料も含まれています。

詳しいお問い合わせ等は、下記ご覧ください(スペイン語)

Festival de Jerez / Área Formativa
Fundación Teatro Villamarta
Plaza Romero Martínez, s/n
11402 Jerez (España)
Fax: + 34 956 14 90 59
Página web oficial:
www.festivaldejerez.es

 

 

「ビエナル・デ・フラメンコ」のFlash mob(フラッシュモブ)

セビリアで開催されたフラメンコフェスティバル「ビエナル・デ・フラメンコ」について以前にこちらのブログでご紹介しました。

今回届いたニュースはこのフェスティバルに合わせ世界各地で行われたフラメンコのFlash mobです。

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es