セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ベネズエラが誇る、エル・システマ創立者フランク・ディ・ポロ氏に話を伺いました

Profesor Frank di Polo

Profesor Frank di Polo

 子供たちを麻薬や暴力、犯罪から守ることを目的にするベネズエラの
エル・システマは、ベネズエラだけでなくペルー、リオ・デ・ジャネイロの
スラム街、コロンビア、スコットランドに広まり、今では日本でも、
東日本大震災被災児童に夢をあたえるために活動が行なわれています。

通常は5、6才から音楽をはじめるところ、エル・システマでは2才ぐらい
から遊びを通して音楽に親しむことからはじめるのだそうです。
はじめは紙でつくったおもちゃを楽器に見立てて遊び、本物の楽器を
与えてからは、自分のやりたいように音を出させます。
また各年代の子供が別々の部屋に分かれそれぞれの楽器に触れ、
最後に全員を一同に集めて、全ての楽器が一斉に音を出します。

その音たるやたいへんな騒ぎになるそうですが、これを体験すると、
子供たちは楽器とその音圧の魔力にとりつかれ、やめられなくなってしまうのだとか。
子供たちが自身も興味の扉を開く瞬間なのでしょう、とても魅力的な
方法だと思いました。

Profesor Frank di Polo y Maurice Reyna, el agregado cultural de la Embajada de Venezuela

Profesor Frank di Polo y Maurice Reyna, el agregado cultural de la Embajada de Venezuela

 講演終了後、サプライズでベネズエラ大使館文化参事官のモリース・レイナさんとの
共演で、ベネズエラの曲の素敵な演奏会が行なわれました!
アンコールには、東京は今まさに見頃を迎える「サクラ」をディ・ポロ氏が
ビオラソロで演奏くださいました。

音楽は国境を越えて心に響く、素晴らしい世界の共通言語であることを
今一度感じた講演会でした。

講演会: Lleca(ジャカ)からcohue(コゥエ)へ −刑務所からのフォトグラフィー 開催!

「刑務所の中に入らなければ、その国家の本質を知ることは誰にもできないと言われる。国家は最上流ではなく最低級の国民の扱い方で判断すべきである。」ネルソン・マンデラ

タイトル、そして冒頭の文章に驚かれるしれませんが、12月8日(土)にセルバンテス文化センターで開催する講演会のご案内です。

今回の講演会は東京ワンダーサイト(TWS)で12月1日から同タイトルで開催される展覧会の企画者、ベネズエラ人のアートキュレーター、エレナ・アコスタと写真家ヴィオレット・ビュールによるものです。

この展覧会はTWSによる「展覧会企画公募」という若手への支援・育成を目的として展覧会企画を公募するプログラムによって選出され、実施へと至りました。展覧会は12月1日(土)から2013年1月14日(月)までTWS本郷にて開催されています。 

企画内容や展覧会の詳細はこちらから

タイトルの「Lleca(ジャカ)からcohue(コゥエ)へ −刑務所からのフォトグラフィー」はベネズエラの囚人が使うスラングで「Llecaからcohueへ」とは、「ストリートから懲罰房へ」という意味だそうです。プロジェクトの最終目標はヴィオレット・ビュールが2年間以上に亘りベネベネズエラにある5つの刑務所で実践されてきた教育プログラムの結果を紹介することです。そして同時にプロジェクトが動き始めたきっかけである写真そのもののあり方を変え、刑務所内で実践された写真ワークショップの社会貢献を伝えることでもあります。

教育プログラムに興味がある人、写真表現のツールについて別の視点から理解を深めたい人、プロジェクトに携わった本人たちから話を聞いてみませんか。(講演会は要予約

ここで他の写真も少しご紹介します。

展覧会に訪れてから講演会へ、逆に講演会で話を聞いてから展覧会へ、とどちらに先に行くか迷ってしまいますね!

講演会開催概要

11月8日(土) 開場 17:30 開演18:00

セルバンテス文化センター 地下1階 オーディトリアム

言語 スペイン語(日本語同時通訳あり)

要予約  http://reservas.palabras.jp/ja/

世界のアーティスト・イン・レジデンスが東京に!

この夏と秋、注目のイベントが東京で開催されます。その名も「OPEN STUDIO(オープン・スタジオ)」「Res Artis 2012 TOKYO(レズ・アルティス総会2012東京)」

(もっと読む)

スペイン語でオリンピックを応援しましょう!

ロンドンオリンピック開会式が迫ってきました。式に先駆け、男子サッカースペイン対日本選が既に開催されましたね。試合の最後まで釘付けで寝不足の人も多いのではないでしょうか!?スペイン語やスペインに興味のある人はどっちを応援したらよいのか困ってしまった方も多いのでは・・・

(もっと読む)

『おいしい言葉』 料理と文学

雨が続く毎日・・・。ちょっとお家にこもりがちですが、おうちごはんをしたり、読書をしたりと家で楽しみを見いだしている方も多いかもしれませんね。でもそんな雨の時にこそ、外で楽しみを見つけてみませんか?料理と文学という一見、共通項がなさそうな、でも実は切っても切れないこの2つのテーマを掛け合わせた講演+アート展があります♪ 5月31日(火)19:00から!※カクテルレセプションがあります。

(もっと読む)

Espacio del beisbolista hispánico:スペイン語圏の野球選手

今までも様々な記事をこのブログに掲載してきましたが、これからもさらに多分野からスペイン語とスペイン語文化圏を紹介していきたいと思いますよ!さて、今回はブログネーム「イチロー」さんより、『スペイン語と野球』に関する記事が寄せられましたので、ご紹介したいと思います♪(以下、イチローさん記事)

(もっと読む)

講演&コンサート:ラテンアメリカ諸国独立200周年

今年2010年もそろそろ終わりに近づいてきましたね。年末で仕事や忘年会などに追われている人も多いのではないでしょうか?2010年といえば、様々なラテンアメリカ諸国が独立200周年を記念してイベントなどの祝賀記念事業を行っていましたね。

ということで、本年を締めくくるという意味でも、そしてラテンアメリカの文化にどっぷりと漬かってみる為にも次のイベントは見逃せませんよ!12月14日(火)19時より開催される講演会&コンサート「音楽と大西洋~スペイン・アメリカを渡った音楽家たち(16-18世紀)」です!

(もっと読む)

一般開放デー:スペイン語の日の詳細決定

2010/06/02 | イベント | | 1 comentario

大変お待たせしました!第2回『スペイン語の日』の詳細をご報告します!昨年から引き続いて今回が第2回となるスペイン語の日は、セルバンテス文化センターを一般開放して、音楽やダンスなど楽しいイベントを通じて、スペイン語の持つ豊かな多様性に触れてもらおう、という趣旨のイベント。世界中のスペイン語が一堂に会する出会いの一日をお楽しみください!!開催日は6月19日(土)、入場無料です!

el-dia-del-espanol

 

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es