セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

2010年アカデミー賞!スペイン語勢もノミネート!

とうとう今年のアカデミー賞ノミネートが発表されましたね!そして、今回は素晴らしいことに、多くのスペイン語作品がノミネートされているんです。もちろん、スペインを代表する女優、ペネロペ・クルスも助演女優賞でノミネートされています。テレビでも大きく報道され、注目度の高いアカデミー賞。是非スペイン語圏の映画もブロンズ像獲得ができる事を願いましょう!¡Curzamos los dedos!

助演女優賞にノミネートされたペネロペ・クルス

助演女優賞にノミネートされたペネロペ・クルス

(もっと読む)

ゴールデングローブ賞・・・受賞には至らずとも。

アカデミー賞ととても関連づけて注目されるゴールデングローブ賞。その発表が日本時間の1月18日にありましたね!メディアで報道されているのは『アバター』などですが、個人的に注目していたのは、スペインを代表する監督ペドロ・アルモドバルの作品『抱擁のかけら(原題:Abrazos Rotos)』でした。

アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』

アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』

(もっと読む)

図書館の活用法。

今朝、『ペネロペハビエル・バルデムが12月に結婚するかも?』なんていうエンタメ情報がネットに載っていました。スペインを代表する国際的女優&俳優のビックカップルが本当に結婚したら、スペインでは大騒ぎなんだろうな・・と、想像して楽しんでおります。

さて、私がペネロペを素敵!と思ったのが、アルモドバル監督作品の『Volver<帰郷>』という映画でした。当時はスペイン語が今よりも出来なかったので、内容を正しく理解できていたかどうか・・・そんなことを考えていたら、先日のセルバンテスのメルマガ図書館情報を思い出しました!図書館って映画の脚本が置いてあるんですよね!

アルモドバル監督作品『Volver』

アルモドバル監督作品『Volver』

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es