セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

日本の中のペルー

日本の中のペルーセルバンテス文化センター東京では11月の期間中、アンデスの国のペルーの映画を特集しています。また、図書館の特別コーナーでは、ペルーの歴史、文学、文化を紹介しています。

日本とペルーの関係は、初めて日本人がアメリカ大陸の国々に移住した19世紀後半にさかのぼります。日本とペルーは1873年に外交関係を結びましたが、実際の関わりは1899年に大勢の日本人移民がリマに到着したのが始まりでした。ペルーは、ラテンアメリカで初めて日本との外交を確立した国で、ほとんどが若い男性労働者だった日本からの移民を認めた、中南米最初の国でもあります。

この移民は経済的な理由が中心だったといわれています。その頃の日本は、人口過剰による民主主義の危機と雇用不足で苦しんでいました。一方で、当時のペルーは地方の労働者を必要としていました。

そのほぼ100年後の1980年代から90年代にかけて、ペルーからたくさんの日本人移民の子孫達が戻ってきました。彼らは”日系”ペルー人と呼ばれました。彼らはこの時代のペルーの社会と経済の危機によって、先祖がしたのと全く同じことをしたのです。

日本政府はこの日系人の回帰を受け、日本の産業における労働力の必要性から、当時の移民法を見直すことによって彼らを受け入れたのです。

このペルー映画特集は11月9日(水)から始まり、2007年のアウグスト・タマヨ監督の作品『ウナ ソンブラ フレンテ』と、2008年にホセ・メンデス製作された『ディオセス』の2つの作品を上映します。どちらもペルー国内外で高い評価を受けた珠玉の作品です。

アウグスト・タマヨ監督は1972年に彼の父親によって書かれた小説からインスピレーションを受け、同じタイトルでこの作品を製作しました。主人公はペルー人の若いエンジニアで、アマゾンの森と国々を繋ぐ使命を受けます。この作品は2008年アカデミー賞非英語映画部門にノミネートされました。

ホセ・メンデスの『ディオセス』は、リマ南部の美しい海岸に住む家族の複雑な関係を描いた作品です。この作品はペルー、アルゼンチン、フランス、ドイツによる共同制作で、20世紀の終わりから21世紀始めのペルーの社会的地位の高い人々の生活を描いています。この映画は35以上の国際的な賞を受賞し、ペルー映画史上、最も多くの賞を獲得した作品となりました。

セルバンテスの図書館では、ペルーに関する本や映画のDVDを取り揃えていますので、ぜひお越しください。また、11月29日からは、ペルーの伝統織物の展覧会を行います。ミチェル&シアの国際コンクールの受賞作品の中から、手の込んだ繊細な手法の染色織物を展示します。

入場料は無料ですが、事前のご予約をお願いします。

文:シルビア・アゲッリ
翻訳 : 鶴羽 正高、高島 笑里

ペルー映画上映会&写真展がスタートします!

 今週から、日本初公開(パンタレオンとビシタドーラス除く)の
ペルー映画の数々を上映する映画祭がスタートします。
日本ではなかなか見ることのできない、しかもクオリティーの高い
作品を日本語字幕付でお楽しみいただける機会です。
ぜひお見逃しなく!料理をテーマにした写真展同時開催。

De ollas y sueños - portada


ペルー映画上映会

『ペルーの彩り・土地・味わい』&写真展
『ペルーを召し上がれ』

ペルーのアイデンティティーは多様な文化の深い融合の賜物です。
ペルーについて語ることはまた、人々の多様性、無限の色彩を持つ地方、
世界に知られる豊かな食の理想的な融合について語ることです。
本フェスティバルでは数々の賞を得た6作品を上映、ペルーの独自な
視点を様々な角度から表し、その多様な魅力をお伝えします。

 プログラム

6月6日(木)
18:00|Cooking Up Dreams
20:00|写真展オープニング『ペルーを召し上がれ』
*入場無料、要予約

6月7日(金)
17:30|ティンタ・ロハ
19:50|サンティアゴの日々
*入場無料、予約不要、先着順

6月8日(土) 
12:00|賞金
14:50|パンタレオンとビシタドーラス
17:30|悪意
*入場無料、予約不要、先着順

同時開催写真展『ペルーを召し上がれ』
斎藤正洋写真展6月6日(木)~7月28日(日)
ペルーは今も神秘のヴェールに包まれた古代文明と遺跡で私たちを魅了します。
とはいえ現在のペルーは経済発展を遂げ、過去ち共存する近代化の側面を見逃すことはできません。
その近代的な魅力のひとつが美食。
この美食をテーマに写真家斎藤正洋氏による40点のペルー料理の写真を展示します。
月-土曜日10:00-20:00、日曜日 10:00-13:00、入場無料、予約不要

NHKワールド フェルナンド・イワサキ氏インタビュー

 

日系ペルー人作家、フェルナンド・イワサキ氏の来日は文学界の期待を集め、称賛が寄せられました。

(もっと読む)

4月21日開催 「世界本の日」記念 日系ペルー人作家 フェルナンド・イワサキ氏 講演会

セルバンテス文化センターでは「世界本の日」を記念して、4月21日(土)16:30から、記念講演会を開催します。準備している私たちも興味深い内容でとても楽しみなのですが、講演会当日までいよいよあと1週間となりました。ご予約がまだの方、急いでください!

 

(もっと読む)

4月21日(土)開催 「サン・ジョルディの日」フェスタ・「世界本の日」ペルー人作家講演会

子供から大人まで楽しめるイベント!

日本では「読書の秋」と言われいてるので本というと秋をイメージするかもしれません、がユネスコにより4月23日は「世界図書・著作権の日(World Book and Copyright Day)」として指定されています。

また、この日はスペインのバルセロナが州都のカタルーニャ地方では本と花を贈り合う「サン・ジョルディの日」なのです。

(もっと読む)

アルマカミニイトのライブ!デビュー直前!

アルマカミニイトと聴いて「なんだろう?」と思った方、要チェックです!ペルー国籍のエリック&日本舞踊の師範でもある宗彦の二人のドゥオがデビューします!この二人のライブは12月10日(土)14時スタートです!!!

(もっと読む)

2人のノーベル文学賞作家再会。

今週はまさにマリオ・バルガス=リョサ氏に染まった1週間でしたね♪ 20日(月)は記者会見、21日(火)はセルバンテスでの講演会、23日(木)は東京大学、24日(金)は京都外国語大学で講演会が行われ、多くの方がバルガス=リョサ氏の講演会に参加したり、そうでない方もニュースなどでも目にとまったのではないでしょうか?

大江健三郎氏、バルガス=リョサ氏、ウガルテ館長

大江健三郎氏、バルガス=リョサ氏、ウガルテ館長

(もっと読む)

マリオ・バルガス=リョサ氏、来日!!!

今日の新聞の報道などで目にされた方も多いと思います。昨日、ノーベル文学賞作家のマリオ・バルガス=リョサ氏が来日し、セルバンテス文化センター東京のオーディトリアムで記者会見を行いました。同氏は、セルバンテス主催の講演会及びスペイン語の普及活動をする為に来日しています。

(もっと読む)

講演&コンサート:ラテンアメリカ諸国独立200周年

今年2010年もそろそろ終わりに近づいてきましたね。年末で仕事や忘年会などに追われている人も多いのではないでしょうか?2010年といえば、様々なラテンアメリカ諸国が独立200周年を記念してイベントなどの祝賀記念事業を行っていましたね。

ということで、本年を締めくくるという意味でも、そしてラテンアメリカの文化にどっぷりと漬かってみる為にも次のイベントは見逃せませんよ!12月14日(火)19時より開催される講演会&コンサート「音楽と大西洋~スペイン・アメリカを渡った音楽家たち(16-18世紀)」です!

(もっと読む)

マリオ・バルガス・リョサのスピーチ

先日、ノーベル文学賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミーで、受賞者のマリオ・バルガス・リョサのスピーチがありました。

その記事がEl País紙に掲載されていましたので、皆さんも是非チェックして見てください。

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es