セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

大人気、メキシコのピニャータ講座開講します!

本場メキシコだけでなく、アメリカ、ラテンアメリカで人気のピニャータ。
子供誕生日やお祝いになくてはならないアトラクションのひとつになっています。
お菓子やおもちゃを入れてくす玉を、歌にあわせて、目隠しをした子供達が順に棒でたたいて割ります。
普通出来合いのものを買うことが多いのですが、なんと手作りできるんです!
しかも、歴史や意味を先生から伺うことができるんですよ。

メキシコ・お菓子のくす玉ピニャータを作ろう (コース番号CUL08)
講師:シルビア・マルティネス先生
開講費:3月8日(土)16:00~18:00
参加費:2500円
言語:日本語・スペイン語

文化講座参加の手続き
ご希望の方は、以下のウェブサイトのステップ2から手続きを行ってください。
http://tokio.cervantes.es/jp/cursos_espanol_jp/inscripcion_jp.htm
みなさんのご参加をお待ちしております!

※参考までに大好評だった前回の講座の様子を写真でお見せします!

piñata2

熱心に先生のお話を聞く生徒さんたち

piñata3

色鮮やかなピニャータができました!割るのがもったいないですね♪

piñata

 

 

 

 

 

 

 

シルビア先生はセルバンテスのロゴ入りのピニャータをつくってくれました!

お菓子のくす玉・ピニャータを作ろう

夏休みにはいりパーティ、フィエスタなどに参加される方も多いのではないでしょうか。
メキシコで子供たちが集まるフィエスタに欠かせないものといえば・・・
そう!ピニャータです!

ピニャータは、中にお菓子などが入った「くす玉」で、高いところから、または大人が竿の先に吊るしたりして、目隠しをした子どもが棒で叩きます。うまく命中してくす玉が割れると中からお菓子が出てきて、子供たちはお菓子をもらえるというものです。

どこか日本のスイカ割りに似ていますね。

割れやすいように紙で作ることが多く、くす玉の周りを色とりどりの紙やリボンなどで飾りつけます。

このピニャータを作ってみませんか? メキシコ出身のシルビア先生が日本語とスペイン語でピニャータ作りのワークショップを行いますよ。

イメージ写真

イメージ写真

 

メキシコ・お菓子のくす玉ピニャータを作ろう
日程:9月7日(土)
時間:16:00~18:00
参加費2,500円
講師:シルビア・マルティネス

 文化講座参加の手続き
ご希望の方は、以下のウェブサイトのステップ2から手続きを行ってください。
http://tokio.cervantes.es/jp/cursos_espanol_jp/inscripcion_jp.htm
みなさんのご参加をお待ちしております!

 

 

世界のアーティスト・イン・レジデンスが東京に!

この夏と秋、注目のイベントが東京で開催されます。その名も「OPEN STUDIO(オープン・スタジオ)」「Res Artis 2012 TOKYO(レズ・アルティス総会2012東京)」

(もっと読む)

展覧会  「ビジュアル・アンソロジー メキシコ造形美術の軌跡」のご案内

メキシコ大使館からのご案内です。35人の画家、8人の彫刻家の作品他、写真、ビデオ、インスタレーションといったメキシコの豊かな造形美術が一挙公開されるまたとない機会です!どんな画家の作品が展示されるのかというと・・・

 

都会の風景、あるいは雪かき
ディエゴ・リベラ

(もっと読む)

スペイン語でオリンピックを応援しましょう!

ロンドンオリンピック開会式が迫ってきました。式に先駆け、男子サッカースペイン対日本選が既に開催されましたね。試合の最後まで釘付けで寝不足の人も多いのではないでしょうか!?スペイン語やスペインに興味のある人はどっちを応援したらよいのか困ってしまった方も多いのでは・・・

(もっと読む)

カルロス=フエンテス氏を想う

先日、15日、メキシコ人作家のカルロス=フエンテス氏がお亡くなりになりました。83歳でした。

メキシコの病院で息を引き取ったということで、この訃報は世界中を駆け巡りました。

メキシコ、スペインなどスペイン語圏の国々では速報で伝えられて、文学界に大きな影響を与えた偉大なる作家を失った悲しみに包まれました。

(もっと読む)

Espacio del beisbolista hispánico:スペイン語圏の野球選手

今までも様々な記事をこのブログに掲載してきましたが、これからもさらに多分野からスペイン語とスペイン語文化圏を紹介していきたいと思いますよ!さて、今回はブログネーム「イチロー」さんより、『スペイン語と野球』に関する記事が寄せられましたので、ご紹介したいと思います♪(以下、イチローさん記事)

(もっと読む)

スペイン+メキシコ合作映画:アカデミー賞ノミネート!

寒さが厳しい毎日・・・。でも2月は映画ファンには楽しみな月ですね!そう、アカデミー賞の授賞式です!今回のノミネート作品を既にチェックしている方が殆どだと思いますが、スペイン+メキシコ合作の『Biutiful~ビューティフル~』もノミネートされていますよ!El País紙(電子版)にもそのニュースが取り上げられていますので、読んでみましょう♪

El País紙(電子版)より

(もっと読む)

12月の土曜映画上映会『永遠のこどもたち』

そろそろ今年も終わりですね…というわけで本年を締めくくるスペイン語の映画イベント、“土曜映画上映会”の作品をご紹介いたします。

(もっと読む)

11月の土曜映画上映会 『命を燃やして』

メキシコ映画と聞くと、皆さんはどんな作品を想像するでしょうか。
場末のバルで口髭をたくわえたちょっと恰幅の良いおじさん達がテキーラのショットをひっかけながら、とんがりコーンみたいな帽子を被ってマリアッチを歌い合う…それともサボテンがひしめく荒野でのピストルの撃ち合いとかでしょうか。

映画がお好きな方はご存知かと思いますが、メキシコは映画産業においても非常に発展した国で、スペイン語圏の中ではアルゼンチンペルーチリに並び良質な作品や才能ある監督・俳優を多数輩出していることで有名です。


(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es