セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

世界舞台芸術の日をお祝いしました

セルバンテス文化センター東京有志による演劇グループ
「ケツァル・アミーゴ・デル・セルバンテス」の舞台で
3月28日世界舞台芸術の日を祝いました♪

teatro
タイトルは「ブエノスアイレスより愛を込めて」
ブエノスアイレスのとあるカフェを舞台に、笑いあり涙あり
たわいなく起きる出来事や人との触れ合いを題材にした
軽いタッチが心地よい作品でした。

俳優のみなさん、アルゼンチン出身の女優さんアナ・リカルデをディレクトーラに
数ヶ月にわたって練習を重ねてきた成果を
ポルテーニョと呼ばれる独特の話し口調で披露してくれました。

Ana1
最後にはバンドネオンと歌によるコンサートで観客を巻き込み
カミニートを歌うシーンもあり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

bandoneón1

スペイン語で台詞を覚えて、それを演じながら自分の言葉として話すことは、
語学学習に最適&最短の方法かもしれません。
少しでも興味のある方は、ぜひ演劇チームにご参加ください。
自分の新たな一面を見つけることができるかもしれません!

 

 

講演会:「アトラス-迷宮のボルヘス」

先週から、アメリカ大陸を旅行しているChéさんの旅行記をこのブログで掲載させてもらっていますが、その旅の写真が届くたびに、その美しさに目を奪われます。皆さんも旅をすることが好きなはず!思い出に残っている旅は、どんな旅ですか?

さて、今度セルバンテスで開催される講演会は『旅』をテーマにした内容です。アルゼンチンを代表する作家、ホルヘ・ルイス・ボルヘスとその妻のマリア・コダマの旅。皆さんも、その『旅』に参加してみませんか?日時は4月28日(水)19:00からです!

マリア・コダマ氏

マリア・コダマ氏

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es