セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

映画・音楽フェスティバル『ドゥエンデ』情報!

11月末から、セルバンテスでは映画・音楽フェスティバル『ドゥエンデ』を開催します!このフェスティバル専用のサイトも新開設☆情報も充実しています!

(もっと読む)

前衛アート『テンデール・ア・マン』来日:ガリシア語の日。

ガリシア語の日を記念して、アーティスト集団『テンデール・ア・マン』が来日公演をします!

テンデール・ア・マンとは、ガリシア語で「手を差し伸べる」という意味。この公演では、映像、ダンス、コンテンポラリー音楽と詩の融合をお楽しみいただけます。

(もっと読む)

展覧会:ゴヤが見た戦争・・・見てきました。

本日、1月14日(金)にオープニングを迎える展覧会、ゴヤが見た戦争:版画集『戦争の惨禍』と報道写真を観てきました。これは言葉を失う程の衝撃的な展覧会です。ゴヤの作品が82作品も展示されるのは日本初ということ!無料で開放しているということも類を見ない、というか有り得ない価値のある展覧会です。この機会をお見逃しなく!

(もっと読む)

スペインの面白ニュース:映画史が変わる!

スペインの新聞、El País紙(電子版)に目を通していたら、面白い記事を発見しました。なんと、世界初の発声映画(トーキーというらしい)は、スペイン映画だったということが確認されたというのです!スペインから映画史が変わる・・とは、まさにこの事?!

El País紙より

(もっと読む)

展覧会『スペインからコンニチハ』情報

皆さんは、『スペイン』と聴くと何をイメージしますか?やっぱりフラメンコ、闘牛、タパス・・が最初に浮かんで来るでしょうか?

いわゆる「ステレオタイプ(estereotipo)」と呼ばれる「固定観念」を皮肉り、芸術まで高めてしまったというのが今回の展覧会ピラル・アルバラシン氏による『スペインからコンニチハ』展です。開催は7月8日(木)から!

(もっと読む)

新着情報!ピラル・アルバラシンによる一般開放セミナー

皆さんはピラル・アルバラシンというスペイン出身のアーティストはご存じですか?写真、映像、パフォーマンスを用いたアートで人々を感動させるスペインを代表するアーティスト。来る7月8日からセルバンテス文化センター東京の2階ギャラリーで開催される展覧会もこのアルバラシンの作品です。そして、アーティスト本人によるセミナーがTWS(トーキョーワンダーサイト)で開催されるという情報が届いたので、ご案内しますね!開催はもうすぐ!

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es