セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

講演会: Lleca(ジャカ)からcohue(コゥエ)へ −刑務所からのフォトグラフィー 開催!

「刑務所の中に入らなければ、その国家の本質を知ることは誰にもできないと言われる。国家は最上流ではなく最低級の国民の扱い方で判断すべきである。」ネルソン・マンデラ

タイトル、そして冒頭の文章に驚かれるしれませんが、12月8日(土)にセルバンテス文化センターで開催する講演会のご案内です。

今回の講演会は東京ワンダーサイト(TWS)で12月1日から同タイトルで開催される展覧会の企画者、ベネズエラ人のアートキュレーター、エレナ・アコスタと写真家ヴィオレット・ビュールによるものです。

この展覧会はTWSによる「展覧会企画公募」という若手への支援・育成を目的として展覧会企画を公募するプログラムによって選出され、実施へと至りました。展覧会は12月1日(土)から2013年1月14日(月)までTWS本郷にて開催されています。 

企画内容や展覧会の詳細はこちらから

タイトルの「Lleca(ジャカ)からcohue(コゥエ)へ −刑務所からのフォトグラフィー」はベネズエラの囚人が使うスラングで「Llecaからcohueへ」とは、「ストリートから懲罰房へ」という意味だそうです。プロジェクトの最終目標はヴィオレット・ビュールが2年間以上に亘りベネベネズエラにある5つの刑務所で実践されてきた教育プログラムの結果を紹介することです。そして同時にプロジェクトが動き始めたきっかけである写真そのもののあり方を変え、刑務所内で実践された写真ワークショップの社会貢献を伝えることでもあります。

教育プログラムに興味がある人、写真表現のツールについて別の視点から理解を深めたい人、プロジェクトに携わった本人たちから話を聞いてみませんか。(講演会は要予約

ここで他の写真も少しご紹介します。

展覧会に訪れてから講演会へ、逆に講演会で話を聞いてから展覧会へ、とどちらに先に行くか迷ってしまいますね!

講演会開催概要

11月8日(土) 開場 17:30 開演18:00

セルバンテス文化センター 地下1階 オーディトリアム

言語 スペイン語(日本語同時通訳あり)

要予約  http://reservas.palabras.jp/ja/

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es