セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

11/15海外マンガフェスタにスペイン人マンガ家参加!

来る11月15日に東京で海外マンガフェスが開催されます。
セルバンテス文化センターも参加、人気スペイン人マンガ家を招き、スペイン発のマンガやグラフィック・ノベルの展示を行います。海外マンガフェスタの情報はこちら

kaigaimanga copy
スペインから見た日本のマンガ熱
日本人のマンガが好きは世界的に有名です。日本に来るスペイン人がます驚くのは、地下鉄では子どもから大人、あらゆる人がマンガを読んでいることです。この国のマンガ産業の重要性と、いかにマンガが生活の一部になっているかをあらわしているようですね。

スペインではここ数年、マンガの売り上げは再び上昇しているものの、人気は前より高くありません。前より、というのは、1940年から1980年にかけてスペインマンガが黄金期を迎えた時期で、コママンガや子供向けのマンガは、青少年に人気のある娯楽だったからです。

主要なマンガ雑誌を紹介するとPulgarcito, Mortadelo, DDT, Lily, Pinocho
、TBO(tebeo:スペイン語でマンガ、この雑誌の名前に由来する)があります。El Capitán Trueno, Esther, Zipi y Zape o Mortadelo y Filemónといったキャラクターはとても人気です。

スペインのマンガ事情
 残念ながらスペインでは1990年代初めにほとんどのマンガ雑誌が廃刊になりました。けれどそのおかげでアメリカと日本のマンガの需要が高まりました。今でも日本のマンガはナルト、ドラゴンボール、セーラームーンなどが若者にとても人気です。子どもたちが外国のマンガを読む機会がますます増えてきているようです。

若者や、それ以外の人々も、少しずつマンガに関心を持つようになっています。世界有数のマンガ書店がスペインにあることを知っていますか?それはアキラという名前で、さまざまな漫画家の原画が展示されています。名前は大友克洋氏の名作AKIRAに由来しています。2012年にはアイズナー賞を受賞し、世界一の本屋として認められました。まさにマンガ界の横綱ですね。
http://ccaa.elpais.com/ccaa/2015/09/16/madrid/1442403944_516423.html

新しい漫画家たちのスタイルやテーマは数十年前のものとは大分異なりますが、海外マンガの影響を受けて、ますます多くのスペイン人作家が国際的に活躍するようになっています。

Cómic

新世代のスペイン人マンガ家、ケニー・ルイス来日!
今回セルバンテス文化センターは、東京マンガフェアに、新世代のスペイン人マンガ家、ケニー・ルイスを招きます。
“El Cazador de Rayos(王の狩り人)”, “Barcelona(バルセロナ)” “Dos Espadas(2つの剣)”シリーズの著者で、バルセロナマンガサロンで様々な賞を受賞しています。ぜひ今年のフェスに立ち寄って、その作品と作家に触れてみてください!。
http://www.kennyruiz.com/

また、セルバンテス文化センター東京内の、フェデリコ・ガルシア・ロルカ図書館にはスペインで大人気のマンガの代表作が所蔵されていますので、こちらもぜひお越しください!スペイン語学習にはとてもいい練習になりますよ!

 (Elena Alma筆/Seiho Ide訳)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es