セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

ワークショップ2『ペットロイドワークショップ』

廃材を利用した「ドラップ・アート展」にちなんで開催されるワークショップ、『ペットロイドワークショップ』です!2月に開催された「モンスターをつくろう」のワークショップも大好評。ちびモンスターたちがセルバンテスで暴れてくれました♪ 今回はペットボトルのロボットが出没するか、楽しみですね☆

(もっと読む)

廃材アート展覧会「ドラップ・アート」

昨年、大震災を受けて始まった節電生活。節電を通じて、多くの方が環境や消費、生活のあり方を再考したのではないでしょうか?消費をせずには生きていけない。でも『過剰な』消費というライフスタイルはどうなのだろう・・?

来る1月19日(木)から開催される「ドラップ・アート」展は、廃材を利用したアート展。消費と環境というテーマをアートの視点から見つめ、考察するきっかけを与えてくれます。オープニングは19日(木)19時より。さらに、展覧会の開催期間中にはワークショップも開催されるので、要チェックです☆

CRISTINA PINO

(もっと読む)

講演:ガウディ ~自然の言語と建築学上の提案~

ガウディといえば、あのバルセロナのサグラダファミリアが有名ですが、そこで主任彫刻家をしている日本人がいるということは皆さんもご存知かと思います。某会社のCMでもスペイン人スタッフと歓談しながらも情熱熱く仕事に取り組んでいる様子が映像で流れていたので皆さんの記憶に新しいのではないでしょうか?その彫刻家こそ、外尾悦郎氏。そして本日は外尾氏、そして都市環境の専門家の坂口光一氏、そしてスペインから人文学の専門家コンセプシオン・プイグを彼をお迎えした講演会があります。6月2日(木)19時より!

(もっと読む)

エコを考える講演会:マラスピナ~講演者情報その2~

環境に関するスペイン語で世界中の人が知っている単語といえば、『エル・ニーニョ現象』だと思いますが、このエル・ニーニョ現象など地球環境の変動に関する講演会が開催!!11月12日の19時からスタートするエコを考える講演会『マラスピナ没後200年記念調査周航』の情報がさらに入りましたのでご紹介しますね。講演者の追加情報です♪

(もっと読む)

エコを考える講演会:『マラスピナ没後200年記念調査周航』

先日、名古屋で開催されていた「COP10」が閉幕しましたね。生物多様性条約締結に関する国際会議だったこの期間中には、先進国と途上国との対立・・などのニュースも飛び交いましたが、「生物多様性・環境」という地球規模の問題に世界各国が向合うという形で、最後には名古屋議定書と愛知ターゲットが採択されたことは、今後につながる第一歩として受止めた方も多いのではないでしょうか?

さて、そんな地球規模の科学や環境に関するシンポジウムのお知らせです!11月12日(金)19:00よりスタート!

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es