セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

翻訳に興味ある方、必見!文学座談会

語学を追求すると、外国語文学作品などを読んでいたら原文を読んでみたくなったり、翻訳の仕方に目を留めたり・・なんてことは経験はありませんか?そんな、文学好き&翻訳へ興味がある方は必見!『文学座談会~エドノディオ・キンテロ氏と寺尾隆吉氏を迎えて~』が7月15日(木)19:00~開催されます!

(もっと読む)

世界本の日:『野生の探偵たち』

皆さんは『世界本の日』という日があるのをご存知ですか?国連の国際デーにも指定されている4月23日は、セルバンテス文化センターの名前ともなっている偉大なるスペイン人作家、ミゲル・デ・セルバンテスの命日でもあるんです。

さて、この記念すべき『本の日』に、セルバンテス文化センターでも本に関するイベントを開催します!翻訳本出版記念講演会『野生の探偵たち』です!日時は4月23日(金)19:00~、地下一階オーディトリアムで皆さんをお待ちしていますね!

チリ人作家 ロベルト・ボラーニョ

チリ人作家 ロベルト・ボラーニョ

(もっと読む)

スペイン文学&科学作品を翻訳する助成金のご紹介。

皆さんも、原書がスペイン語の作品を日本語(母国語)で読んだことがあると思います。そういった『スペイン作品⇒母国語』という、私たちにとってはとても嬉しい活動を促進するために、スペイン政府から助成金が出ているということをご存知でしたか?今回は、その助成金の情報を掲載したいと思います。

母国語で楽しむスペイン語圏の作品。

母国語で楽しむスペイン語圏の作品。

(もっと読む)

スペイン語訳された日本文学を読む。

昨年の年末にメディアでも大きく報道されましたが、日本を代表する作家・村上春樹氏が、スペインの芸術文学賞を受賞されるというニュース。スペインでも村上さんの本は絶賛されている様ですね!

ということで、日本文学でスペイン語訳されている本をセルバンテス6階のロルカ図書館でチェックしてきました。

村上春樹氏の作品はスペインでも人気絶大!

村上春樹氏の作品はスペインでも人気絶大!

(もっと読む)

セルバンテス賞:ホセ・エミリオ・パチェコ氏(メキシコ)

2009/12/01 | ニュース | | 1 comentario

先日、エル・パイス紙『ホセ・エミリオ・パチェコ氏がセルバンテス賞を受賞』という記事が載っていました。

セルバンテス賞(Premio Cervantes)といえば、スペイン語文学の賞の中で最も重要な賞と言われています。いわゆる、「スペイン語圏のノーベル文学賞」のようなもの、とでも言うのでしょうか。その重要な賞を今回、メキシコの文学者ホセ・エミリオ・パチェコ氏が受賞しました。

セルバンテス賞の受賞者、ホセ・エミリオ・パチェコ氏

セルバンテス賞の受賞者、ホセ・エミリオ・パチェコ氏

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es