セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

講演会: Lleca(ジャカ)からcohue(コゥエ)へ −刑務所からのフォトグラフィー 開催!

「刑務所の中に入らなければ、その国家の本質を知ることは誰にもできないと言われる。国家は最上流ではなく最低級の国民の扱い方で判断すべきである。」ネルソン・マンデラ

タイトル、そして冒頭の文章に驚かれるしれませんが、12月8日(土)にセルバンテス文化センターで開催する講演会のご案内です。

今回の講演会は東京ワンダーサイト(TWS)で12月1日から同タイトルで開催される展覧会の企画者、ベネズエラ人のアートキュレーター、エレナ・アコスタと写真家ヴィオレット・ビュールによるものです。

この展覧会はTWSによる「展覧会企画公募」という若手への支援・育成を目的として展覧会企画を公募するプログラムによって選出され、実施へと至りました。展覧会は12月1日(土)から2013年1月14日(月)までTWS本郷にて開催されています。 

企画内容や展覧会の詳細はこちらから

タイトルの「Lleca(ジャカ)からcohue(コゥエ)へ −刑務所からのフォトグラフィー」はベネズエラの囚人が使うスラングで「Llecaからcohueへ」とは、「ストリートから懲罰房へ」という意味だそうです。プロジェクトの最終目標はヴィオレット・ビュールが2年間以上に亘りベネベネズエラにある5つの刑務所で実践されてきた教育プログラムの結果を紹介することです。そして同時にプロジェクトが動き始めたきっかけである写真そのもののあり方を変え、刑務所内で実践された写真ワークショップの社会貢献を伝えることでもあります。

教育プログラムに興味がある人、写真表現のツールについて別の視点から理解を深めたい人、プロジェクトに携わった本人たちから話を聞いてみませんか。(講演会は要予約

ここで他の写真も少しご紹介します。

展覧会に訪れてから講演会へ、逆に講演会で話を聞いてから展覧会へ、とどちらに先に行くか迷ってしまいますね!

講演会開催概要

11月8日(土) 開場 17:30 開演18:00

セルバンテス文化センター 地下1階 オーディトリアム

言語 スペイン語(日本語同時通訳あり)

要予約  http://reservas.palabras.jp/ja/

出版発表会 アンドレス・パスカルと『El haiku de las palabras perdidas』 のレポート

4月5日、桜も見どころになってきたこの日、セルバンテス文化センターでは一晩で3つの???が楽しめる、お得なイベントが開催されました。???とは・・・「出版講演会+マジック+カバで乾杯!」です。夜桜の観客に負けないくらい、当センターも多くの方にお越しいただきました。

(もっと読む)

4月21日(土)開催 「サン・ジョルディの日」フェスタ・「世界本の日」ペルー人作家講演会

子供から大人まで楽しめるイベント!

日本では「読書の秋」と言われいてるので本というと秋をイメージするかもしれません、がユネスコにより4月23日は「世界図書・著作権の日(World Book and Copyright Day)」として指定されています。

また、この日はスペインのバルセロナが州都のカタルーニャ地方では本と花を贈り合う「サン・ジョルディの日」なのです。

(もっと読む)

出版発表会 アンドレス・パスカルと『El haiku de las palabras perdidas』

4月5日(木)にスペイン人作家、アンドレス・パスカルの最新作出版『El haiku de las palabras perdidas』を記念して講演会を開催します。

スペイン人作家と日本の俳句、どんな関連性があるのでしょうか?

(もっと読む)

『ラ・ペパ』と中南米諸国との関係

3月19日(月)の19:00時から、セルバンテスでスペイン1812年憲法(カディス憲法)の制定200周年を記念して講演会が開催されます!スペインからは政治学者で現代政治学のエキスパート、フェルナンド・バジェスピン氏に講演していただきます。

  

(もっと読む)

人気作家☆エルビラ・リンド講演。

各地での講演会を経て、とうとう明日28日(金)、エルビラ・リンド氏がセルバンテスで講演します!来日してから東京国際女性映画祭のオープニングでアンヘレス・ゴンサレス=シンデ文化大臣とのトークをはじめ、関西では複数の大学で講演をしたりと、精力的に活動を行ってきたリンド氏。待ちにまったセルバンテスでの講演は明日、金曜日の19時からです。

東京国際女性映画祭でのトークイベントの様子

(もっと読む)

エルビラ・リンド氏、来日講演のご案内

皆さんも書店で、児童書の『めがねっこマノリート』シリーズを目にしたことがあるかもしれません。その著者、エルビラ・リンド氏が来日して講演会を開催します!現代スペイン文学界の第一線を走っている同氏が語る執筆の舞台裏はきっと皆さんの知的好奇心をくすぐる刺激的な講演会になりますよ。セルバンテスでは、10月28日(金)19時より講演会がスタートです♪

(もっと読む)

スペインがテーマ:ブックフェア開催中!

七夕の今日、東京ビックサイトでは東京国際ブックフェアがスタートしました!開会式には多くの来賓や関係者が集まり、過去最大級で開催しているというのがヒシヒシと伝わりました!ブックフェアにはセルバンテスもスタンドを設けて出展しています♪ そして会場には、明日8日(金)の講演会の作家6名の姿も見受けられました!

(もっと読む)

作家紹介:サンティアーゴ・パハーレス

東京国際ブックフェア2011のテーマ国であるスペイン。そこでスペインから6名の著名作家が来日します!セルバンテスではこの作家らを迎えて講演会を行いますよ♪ 7月8日(金)19時から始まる講演会、『スペインの作家との対話』に参加する6名の作家の方々を紹介したいと思います!今回はサンティアーゴ・パハーレス氏です↓↓↓

(もっと読む)

作家紹介:アルフレド・ゴメス・セルダ

東京国際ブックフェア2011のテーマ国であるスペイン。そこでスペインから6名の著名作家が来日します!セルバンテスではこの作家らを迎えて講演会を行いますよ♪ 7月8日(金)19時から始まる講演会、『スペインの作家との対話』に参加する6名の作家の方々を紹介したいと思います!今回はアルフレド・ゴメス・セルダ氏です↓↓↓

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es