セルバンテス文化センターは、利用者サイトをより安全、快適に利用していただくため、当方および第三者のクッキーを使用しています。ご利用にあたり、法的通知およびクッキーの利用方針に同意したとみなされます。

セルバンテス文化センター東京公式ブログ

スペイン国営セルバンテス文化センター東京の公式ブログです。スペイン語、スペイン語圏の文化に関するコースやイベントの情報が満載!

日本フラメンコの祭典 「クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」開催!

10/25(木)~27(土)まで日本フラメンコ界の頂点を極めるバイラオール、ギタリストを一同に会する祭典その名も「クンブレ・フラメンカ・デ・ハポン」を開催します。(cumbre  クンブレはスペイン語でサミット、頂点という意味)

このフェスティバルは画家でありフラメンコ歌手の堀越千秋氏に企画協力いただいています。

このフェスティバルをご覧になりたい方は予約が必要です。10月に入ってから受付開始になりますので少しお待ちください!ご予約はウェブサイトにて受け付けます。

今や日本のフラメンコ人口はスペインを上回るとも言われているようですね。

気になる出演者の方々をご紹介します。各出演者は持ち時間の中で自由に表現できる舞台となっていますので演奏者も含めると3日間合計で総勢約40名にも上ります。

10/25 (木) 18:30~

屋良有子、鈴木敬子、石井奏碧、高橋英子

10/26(金) 18:30~

萩原淳子、森田志保、沖仁、AMI

10/27(土) 15:00~

松丸百合、石井智子、徳永健太郎、小島章司

27日(土)にはパルマス講座と講演会もありフラメンコ一色の1日です。

10/27 (土)11:00~12:00 パルマス講座  講師:マヌエラ・バリオス

10歳以上から参加可能。要予約(こちらも10月に入ってから予約受付ます)

10/27 (土)14:30~ 講演「日本におけるフラメンコ」 講師:ジェアン・セバスチイエン・シュライバー

言語はスペイン語(日本語同時通訳あり)

今からとても楽しみです!

 

 

講演+演奏会:「チェロの巨匠カザルスとその時代」

12月14日(水)19時より、カザルス来日から50周年を記念して、この偉大なチェリストの音楽公演を開催します。彼の生きた時代の魅力的な文化、国際情勢を、八嶋由香利先生と細田晴子先生に伺います。またカザルスの孫弟子でもあるチェリスト・国際政治学者の半澤朝彦先生に音楽史の中のカザルスについてお話しいただき、その後新進気鋭の若手演奏家が、カザルスにちなんだ名曲を演奏します。

(もっと読む)

© Instituto Cervantes 1997-2016. Reservados todos los derechos. bibtok@cervantes.es